鯨の書斎

今日も、どこかで読まれている本を紹介しています。

犬語の話し方 (文春文庫) [文庫] [2002] コレン,スタンレー; Coren,Stanley; 博江, 木村

今日の気になる書籍のご紹介

いま話題の書籍や古書などジャンルを問わず
良いなと思った書籍を幅広く関連書を交えて紹介していきます。

本日、ご紹介する書籍はこちら。

犬語の話し方 (文春文庫) 文庫 – 2002/9

犬語の話し方 (文春文庫)

あらすじ

吠え声、尻尾の動き、顔の表情などで示される「犬語」を理解すれば、人間の2歳児程度の言語聞きわけ能力を持つと言われる犬と、意思を伝えあえるのです。

目次

犬と話ができる人、できない人
進化と犬の言葉
犬は人の言葉を理解する
犬はどこまで言葉を聞きわけるか
おしゃべりな犬、無口な犬
犬の声が語るもの
犬は言葉を学びとる
顔の表情が語るもの
耳の表情が語るもの
目の表情が語るもの〔ほか〕

犬のあくびは疲労や退屈ではなくストレスを感じたり相手への和解を求める印です。

飼犬が言うことをきかないという悩みも本書で解決!「犬語小辞典」つき。

書籍情報

犬語の話し方 (文春文庫) 文庫 – 2002/9

犬語の話し方 (文春文庫)

犬語の話し方 (文春文庫)

スタンレー コレン (著), Stanley Coren (原著), 木村 博江 (翻訳)
文庫: 387ページ
出版社: 文藝春秋 (2002/09)
ISBN-10: 4167651262
ISBN-13: 978-4167651268
発売日: 2002/09

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

コレン,スタンレー
カナダ、ブリティッシュ・コロンビア大学の心理学教授。左利きの人についての研究をまとめた「左利きは危険がいっぱい」、睡眠について興味深い示唆を与えた「睡眠不足は危険がいっぱい」などの著作がある。全米ベストセラーになった「デキのいい犬、わるい犬」をはじめ、犬に関する著書も多い。バンクーバー在住

木村/博江
1941年生れ。国際基督教大学卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連情報

関連書籍

犬も平気でうそをつく? (文春文庫) 文庫 – 2007/1/10

犬も平気でうそをつく? (文春文庫)

犬も平気でうそをつく? (文春文庫)

あらすじ

ふだんの食事をおいしく食べさせる方法、問題行動をやめさせる方法、褒美に食べ物を与えるのは悪いことか、老犬との付き合い方、色を見分けるか、痛みを感じないか、地震を予知するか、そして、人をだませるか、など、犬にまつわる「?」にすべて答えます。犬の持つ能力を正しく理解して、愛犬に最適のしつけ方を見つけよう。

犬があなたをこう変える (文春文庫) 文庫 – 2011/10/7

犬があなたをこう変える (文春文庫)

犬があなたをこう変える (文春文庫)

あらすじ

犬はどのように人間社会に溶け込み影響を与えてきたのか―犬が作りかえられてきた歴史をはじめ、国王や大統領を支えた犬、宇宙に飛んだ犬、戦場の犬、癌を退治する犬、心の病を癒す犬、命がけで人を救う犬など、犬と人との絆に纒わる感動的なエピソードを紹介。災害時の備え等、役立つ情報も満載の、犬博士コレン先生の集大成。

犬の行動学 (中公文庫) 文庫 – 2001/11

犬の行動学 (中公文庫)

犬の行動学 (中公文庫)

あらすじ

愛犬との生活で過ちをおかさないために―長年にわたる緻密な観察と真摯な情熱で、人類の最高のパートナーの知られざる本質を探り、自然の理にかなった、真に健やかな共存の形を提案する。犬を真面目に考え、正しく理解したい人必読の名著。

理想の犬(スーパードッグ)の育て方 (文春文庫) 文庫 – 2008/9

理想の犬(スーパードッグ)の育て方 (文春文庫)

理想の犬(スーパードッグ)の育て方 (文春文庫)

あらすじ

犬との接し方しだいで、誰もが頭がよくて気だてのよい“理想の犬”が育てられる。そのために大切なのは犬の性格を知ることだ。本書では、犬を種類別に分類しそれぞれの性格を解説した。愛犬の性格が調べられるテストもあり、子犬を飼い始めようという人にも必見の書。133種の犬の行動特性がひとめでわかる一覧表も楽しめる。

イヌを長生きさせる50の秘訣 危ないドッグフードの見分け方とは? 肥満犬を走らせてもやせない理由は?

あらすじ

(サイエンス・アイ新書) 新書 – 2009/4/16
イヌの飼い主なら「この子が少しでも長生きしてくれますように!」「この子とずっと一緒にいたい!」と思うのは当然のことです。しかし、誤った飼い方をすると寿命を縮めたり、事故や病気などで命を落とすこともあります。本書では、本当にイヌのためになる環境、運動方法、食生活を解説しながら、病気やケガのサインの見つけ方、老犬にやさしい暮らし方まで紹介していきます。

さいごに

最後までお読み頂きありがとうございました
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、
はてなブックマークツイッターFacebook等でシェアしていただけたら嬉しいです。
この上ない励みになります。

広告を非表示にする