鯨の書斎

今日も、どこかで読まれている本を紹介しています。

彼岸過迄 (新潮文庫) [文庫] [1952] 漱石, 夏目

今日の気になる書籍のご紹介

いま話題の書籍や古書などジャンルを問わず
良いなと思った書籍を幅広く関連書を交えて紹介していきます。

本日、ご紹介する書籍はこちら。

彼岸過迄 (新潮文庫) 文庫 – 1952/1/22

彼岸過迄 (新潮文庫)

あらすじ

愛しながらも彼女を恐れている須永と、彼の煮えきらなさにいらだち、時には嘲笑しながらも心の底では惹かれている千代子との恋愛問題を主軸に、自意識をもてあます内向的な近代知識人の苦悩を描く。

彼岸過迄』(ひがんすぎまで)は、夏目漱石の長編小説。1912年1月1日から4月29日まで「朝日新聞」に連載され、同年に春陽堂から刊行された。

書籍情報

彼岸過迄 (新潮文庫) 文庫 – 1952/1/22

彼岸過迄 (新潮文庫)

彼岸過迄 (新潮文庫)

夏目 漱石 (著)
文庫: 307ページ
出版社: 新潮社; 改版 (1952/1/22)
言語: 日本語
ISBN-10: 4101010110
ISBN-13: 978-4101010113
発売日: 1952/1/22

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

夏目/漱石
1867~1916。江戸・牛込生まれ。生後すぐ里子に出される。東京帝国大学英文科卒業。1900年から3年、ロンドンに留学。05年『吾輩は猫である』を発表、好評を得る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連情報

関連書籍

行人 (新潮文庫) 文庫 – 1952/3/24

行人 (新潮文庫)

行人 (新潮文庫)

あらすじ

学問だけを生きがいとしている一郎は、妻に理解されないばかりでなく、両親や親族からも敬遠されている。孤独に苦しみながらも、我を棄てることができない彼は、妻を愛しながらも、妻を信じることができず、弟・二郎に対する妻の愛情を疑い、弟に自分の妻とひと晩よそで泊まってくれとまで頼む……。「他の心」をつかめなくなった人間の寂寞とした姿を追究して『こころ』につながる作品。

虞美人草 (新潮文庫) 文庫 – 1951/10/29

虞美人草 (新潮文庫)

虞美人草 (新潮文庫)

あらすじ

大学卒業のとき恩賜の銀時計を貰ったほどの秀才小野。彼の心は、傲慢で虚栄心の強い美しい女性藤尾と、古風でもの静かな恩師の娘小夜子との間で激しく揺れ動く。彼は、貧しさからぬけ出すために、いったんは小夜子との縁談を断わるが……。やがて、小野の抱いた打算は、藤尾を悲劇に導く。東京帝大講師をやめて朝日新聞に入社し、職業的作家になる道を選んだ夏目漱石の最初の作品。

道草 (新潮文庫) 文庫 – 1951/11/30

道草 (新潮文庫)

道草 (新潮文庫)

あらすじ

海外留学から帰って大学の教師になった健三は、長い時間をかけて完成する目的で一大著作に取りかかっている。その彼の前に、十五、六年前に縁が切れたはずの養父島田が現われ、金をせびる。養父ばかりか、姉や兄、事業に失敗した妻お住の父までが、健三にまつわりつき、金銭問題で悩ませる。その上、夫婦はお互いを理解できずに暮している毎日。近代知識人の苦悩を描く漱石の自伝的小説。

明暗 (新潮文庫) (英語) 文庫 – 2010/1

明暗 (新潮文庫)

明暗 (新潮文庫)

あらすじ

勤め先の社長夫人の仲立ちで現在の妻お延と結婚し、平凡な毎日を送る津田には、お延と知り合う前に将来を誓い合った清子という女性がいた。ある日突然津田を捨て、自分の友人に嫁いでいった清子が、一人温泉場に滞在していることを知った津田は、秘かに彼女の元へと向かった……。濃密な人間ドラマの中にエゴイズムのゆくすえを描いて、日本近代小説の最高峰となった漱石未完の絶筆。

門 (新潮文庫) 文庫 – 1986/11/29

門 (新潮文庫)

門 (新潮文庫)

あらすじ

親友の安井を裏切り、その妻であった御米と結ばれた宗助は、その負い目から、父の遺産相続を叔父の意にまかせ、今また、叔父の死により、弟・小六の学費を打ち切られても積極的解決に乗り出すこともなく、社会の罪人として諦めのなかに暮らしている。そんな彼が、思いがけず耳にした安井の消息に心を乱し、救いを求めて禅寺の門をくぐるのだが。『三四郎』『それから』に続く三部作。

さいごに

最後までお読み頂きありがとうございました
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、
はてなブックマークツイッターFacebook等でシェアしていただけたら嬉しいです。
この上ない励みになります。

広告を非表示にする