鯨の書斎

今日も、どこかで読まれている本を紹介しています。

知ろうとすること。 (新潮文庫)

今日の気になる書籍のご紹介

いま話題の書籍や古書などジャンルを問わず
良いなと思った書籍を幅広く関連書を交えて紹介していきます。

本日、ご紹介する書籍はこちら。

知ろうとすること。 (新潮文庫) 文庫 – 2014/9/27

知ろうとすること。 (新潮文庫)

あらすじ

未来に求められる「こころのありよう」とは。文庫オリジナル。
その姿勢を尊敬し、自らの指針とした糸井重里が、放射線の影響や「科学を読む力の大切さ」を早野と語る。
福島第一原発の事故後、情報が錯綜する中で、ただ事実を分析し、発信し続けた物理学者・早野龍五。
以来、学校給食の陰膳(かげぜん)調査や子どもたちの内部被ばく測定装置開発など、誠実な計測と分析を重ね、国内外に発表。

目次

序章 まず、言っておきたいこと。
1章 なぜ放射線に関するツイートを始めたのか
2章 糸井重里はなぜ早野龍五のツイートを信頼したのか
3章 福島での測定から見えてきたこと。
4章 まだある不安と、これから
5章 ベビースキャンと科学の話
6章 マイナスをゼロにする仕事から、未来につなげる仕事へ

書籍情報

知ろうとすること。 (新潮文庫) 文庫 – 2014/9/27

知ろうとすること。 (新潮文庫)

知ろうとすること。 (新潮文庫)

早野 龍五 (著), 糸井 重里 (著)
文庫: 192ページ
出版社: 新潮社 (2014/9/27)
言語: 日本語
ISBN-10: 410118318X
ISBN-13: 978-4101183183
発売日: 2014/9/27

関連情報

関連書籍

はじめての福島学 単行本(ソフトカバー) – 2015/3/1

はじめての福島学

はじめての福島学

あらすじ

人口、農林水産業、観光業、復興政策、雇用、家族、避難指示区域…福島の問題は放射線ではなく、「地方」の問題である。福島から日本の「地方」がみえる。

お金をちゃんと考えることから逃げまわっていたぼくらへ (PHP文庫) 文庫 – 2011/4/9

あらすじ

みんなお金に悩んでいる。お金を憎んでいる。だけど…みんなお金をほしがっている。お金は魔性の女なのか? お金の神様・邱永漢に、お金に不自由な糸井重里が聞き出した、現実的でロマンチックな「お金と人生」の話。

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話 (単行本) 単行本 – 2014/3/15

あらすじ

放射線のリスクを今、どう考えればいいのか?
そもそも放射線って何?
今こそ知っておきたい22の話を、これ以上はないというぐらい分かりやすく解説!

できることをしよう。: ぼくらが震災後に考えたこと (新潮文庫) 文庫 – 2015/2/28

あらすじ

現場ドライバーと経営陣が一体となって救援物資配送と寄付事業の効率化に奔走したクロネコヤマト、重機免許の取得を呼びかけるなど斬新なアイデアで地域を励ました大学教師、困難な状況下で白球を追った真夏の球児たち…。東日本大震災被災した「ふつうの誰かさん」の声と行動を、糸井重里と「ほぼ日刊イトイ新聞」スタッフが見聞きし書きとめた、「あの日」を忘れないための記録。

東大柳川ゼミで経済と人生を学ぶ (日経ビジネス人文庫) 文庫 – 2015/3/3

あらすじ

『なじみの店』をつくるのは経済学的によい?悪い?優秀な幹事に必要な条件って何?夢目標を立てるとき、絶対に知っておくべき方法論とは―人生のさまざまな選択や意思決定には、経済のほんの少しのエッセンスがとても役立ちます。東大経済学部の名物教授・柳川生先がいいとこどり教えてくれる、やさしい経済(人生)入門

さいごに

最後までお読み頂きありがとうございました
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、
はてなブックマークツイッターFacebook等でシェアしていただけたら嬉しいです。
この上ない励みになります。

広告を非表示にする