読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯨の書斎

今日も、どこかで読まれている本を紹介しています。

今日の、どれを読もうかな。

店長おすすめ本

店長おすすめ本

今日の、どれを読もうかな。

私、店長が棚から取り出した本や雑誌
「今日の、どれを読もうかな。」本を、紹介したいと思います。

本日、ご紹介する書籍はこちら

地雷を踏んだらサヨウナラ (講談社文庫) 文庫 – 1985/3/8

地雷を踏んだらサヨウナラ (講談社文庫)
一ノ瀬 泰造 (著), 馬淵 直城 (解説)

あらすじ

■2000年正月映画「地雷を踏んだらサヨウナラ」原作

アンコールワットを撮りたい、できればクメール・ルージュと一緒に。地雷の位置もわからず、行き当たりドッカンで、最短距離を狙っています……」フリーの報道写真家として2年間、バングラデシュ、ベトナムカンボジアの激動地帯を駆け抜け、26歳で倒れた青年の鮮やかな人生の軌跡と熱い魂の記録。

パチンコ「30兆円の闇」 (小学館文庫) 文庫 – 2009/1/8

パチンコ「30兆円の闇」 (小学館文庫)
溝口 敦 (著)

あらすじ

■国内のパチンコ人口、1500万人。全国には1万店を優に超すホールがある。「鉄火場」では日々巨額のカネが動く。その市場規模は米カジノ産業をはるかに凌ぎ、自動車などの基幹産業にさえ匹敵する。しかし、位置付けはあくまで「ギャンブルではなくレジャー」。警察による裁量行政と業界支配は揺るがない。結果、ホールは「巨大な密壺」と化し、無数のアリがたかる。結果的に割りを食うのはファンである。ホール経営者、メーカー幹部、カバン屋、ウラ屋、ゴト師から警察官僚まであらゆる「業界関係者」に直撃取材。パチンコ産業に潜む「闇」を浮き彫りにする。

木のぼり男爵 (白水Uブックス) 新書 – 1995/8

木のぼり男爵 (白水Uブックス)
イタロ カルヴィーノ (著), Italo Calvino (原著), 米川 良夫 (翻訳)

あらすじ

■イタリアの男爵家の長子コジモ少年は、十二歳のある日、カタツムリ料理を拒否して木に登った。以来、恋も冒険も革命もすべてが樹上という、奇想天外にして痛快無比なファンタジーが繰り広げられる。笑いのなかに、俗なるものが風刺され、失われた自然への郷愁が語られるカルヴィーノ文学の代表作。

服部半蔵と影の一族 (学研M文庫) 文庫 – 2006/10

服部半蔵と影の一族 (学研M文庫)
橋場 日月 (著)

あらすじ

■忍者の頭領として知られている服部半蔵だが、実際は徳川麾下の歴とした武士であり、「半蔵」とは歴代当主に引き継がれた通称である。本書では松平・徳川家との関係を中心に、伊賀を離れた初代「半蔵」保長、家康の伊賀越えを助け半蔵門の名の由来ともされる二代・正成、その息子で三代・正就の足跡を辿り、さらに桶狭間、三方ヶ原、長篠などの重要な合戦において「半蔵」と敵対した服部一族たちにも詳しく言及。戦国の合戦を裏から支えた影の一族の真実に迫った。

いろんな気持ちが本当の気持ち (ちくま文庫) 文庫 – 2011/10/6

いろんな気持ちが本当の気持ち (ちくま文庫)
長嶋 有 (著)

あらすじ

■2011年デビュー10周年を迎えた著者の、創作の原点がわかる、第一エッセイ集。じたばたと考え、小説を書き、小説を読み、記憶をさぐり、そして日常を送る…。世界のなにに注目し、それをどう描いていくのか。新鮮な驚きと独特のこだわりに満ちた、長嶋有ワールドは、どんなに短いエッセイでも健在。文庫化にあたり、書き下ろしエッセイを追加。

やる気のスイッチ! 実践セミナー (Sanctuary books) 単行本(ソフトカバー) – 2010/3/26

やる気のスイッチ! 実践セミナー (Sanctuary books)
山崎拓巳 (著)

あらすじ

■「やる気が続かない」のは、あなたの意思が弱いからじゃない。“やる気”の概念を根底から変える、メンタルマネジメントの決定版。

まとめ

ご紹介させていただいた書籍

地雷を踏んだらサヨウナラ (講談社文庫)

地雷を踏んだらサヨウナラ (講談社文庫)

パチンコ「30兆円の闇」 (小学館文庫)

パチンコ「30兆円の闇」 (小学館文庫)

木のぼり男爵 (白水Uブックス)

木のぼり男爵 (白水Uブックス)

服部半蔵と影の一族 (学研M文庫)

服部半蔵と影の一族 (学研M文庫)

塩狩峠 (新潮文庫)

塩狩峠 (新潮文庫)

いろんな気持ちが本当の気持ち (ちくま文庫)

いろんな気持ちが本当の気持ち (ちくま文庫)

やる気のスイッチ! 実践セミナー (Sanctuary books)

やる気のスイッチ! 実践セミナー (Sanctuary books)

さいごに

最後までお読み頂きありがとうございました
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、
はてなブックマークツイッターFacebook等でシェアしていただけたら嬉しいです。
この上ない励みになります。

広告を非表示にする