鯨の書斎

今日も、どこかで読まれている本を紹介しています。

赤ちゃん教育――頭のいい子は歩くまでに決まる 単行本(ソフトカバー) – 2015/6/26

今日の気になる書籍のご紹介

いま話題の書籍や古書などジャンルを問わず
良いなと思った書籍を幅広く関連書を交えて紹介していきます。

本日、ご紹介する書籍はこちら。

赤ちゃん教育――頭のいい子は歩くまでに決まる

赤ちゃん教育――頭のいい子は歩くまでに決まる 単行本(ソフトカバー) – 2015/6/26

赤ちゃん教育――頭のいい子は歩くまでに決まる

赤ちゃん教育――頭のいい子は歩くまでに決まる

あらすじ

0歳からの伝説の育児バイブル!20年で3000人の赤ちゃんを変えた信頼と実績の「クボタメソッド」で、勉強ができて、心の強い子に育つ。この一冊で3歳以降グンと伸びる、ラクになる!最新脳科学データ満載!

目次

プロローグ―これからの乱世を生きる「たくましい」人間づくり
第1期 "反射期"誕生から1カ月半くらいまで―一日も早く首がすわるように
第2期 "首すわり期"1カ月半から3カ月半ごろまで―首や手足を強くしよう
第3期 "腰すわり期"3カ月半から5カ月半ごろまで―すわって、手が使えるように
第4期 "つかまり立ち期"5カ月半から8カ月ごろまで―一日も早く、はいまわれるように
第5期 "二足歩行期"歩きはじめるころ以降―歩きはじめると、真の知能が芽ばえる

書籍情報

赤ちゃん教育――頭のいい子は歩くまでに決まる 単行本(ソフトカバー)
久保田 競;久保田 カヨ子 (著)
単行本(ソフトカバー): 356ページ
出版社: ダイヤモンド社; 46版 (2015/6/26)
言語: 日本語
ISBN-10: 4478065594
ISBN-13: 978-4478065594
発売日: 2015/6/26
商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.2 x 3.2 cm

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

久保田/競
1932年、大阪生まれ。京都大学名誉教授、医学博士。1957年に東京大学医学部卒業後、同大学院に進学。当時、脳研究の第一人者であった時実利彦教授に師事し、脳神経生理学を学ぶ。大学院3年目に米国・オレゴン州医科大学に留学。J・M・ブルックハルト教授のもとで、脳科学における世界最先端の研究に従事。帰国後、東京大学大学院を経て、1967年に京都大学霊長類研究所神経生理研部門助教授に就任。1973年、同教授に就任し、同研究所所長を歴任する

久保田/カヨ子
1932年、大阪生まれ。脳科学の権威である京都大学名誉教授・久保田競氏の妻で2人の息子の母。長男が一級建築士、次男が東京大学に合格。夫・競氏の脳科学理論に裏づけされた、“0歳から働きかける”久保田式育児法(クボタメソッド)を確立。テレビなどで「脳科学おばあちゃん」として有名。2008年、株式会社『脳研工房』を立ち上げ、現在代表取締役(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連書籍

カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方 単行本(ソフトカバー) – 2012/7/27

カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方

カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方

あらすじ


久保田 カヨ子 (著), 久保田 競 (監修)
2人の息子を育てた“脳科学おばあちゃん”が贈る悩める男の子ママのバイブル!カヨ子ばあちゃんが自ら実践した50のしつけを一挙公開。

幼稚園では遅すぎる 新装版 (サンマーク文庫 G- 108) 文庫 – 2008/7/16

幼稚園では遅すぎる 新装版 (サンマーク文庫 G- 108)

幼稚園では遅すぎる 新装版 (サンマーク文庫 G- 108)

井深 大 (著)

あらすじ


問題は、0歳から3歳までの育て方です。幼稚園に入ってからでは遅すぎるのです。あなたに役立つ手のひらサイズの育児書。

脳科学おばあちゃん久保田カヨ子先生の誕生から歩くまで 0~1才 脳を育むふれあい育児 (主婦の友生活シリーズ) ムック – 2010/4/1

久保田 カヨ子 (著), 久保田 競 (著)

あらすじ


エチカの鏡」で大人気の脳科学おばあちゃん 久保田カヨ子先生の最新刊。“育脳遊び”をオール写真解説したビジュアル本はカヨ子おばあちゃん初! わかりやすさNo.1、しかも内容充実の1冊。

エチカの鏡」で大人気の脳科学おばあちゃん 久保田カヨ子先生の最新刊!カヨ子おばあちゃんの著書で、オール写真解説された育脳ブックはこの1冊だけ!大脳生理学に基づいた、赤ちゃんの脳を育むための「久保田メソード」は、「赤ちゃん能力開発教室」で20年以上にわたり、たくさんの天才ベビーを生み出してきた実績のあるカリキュラム。今回、そのカリキュラムを“おうちでも毎日できる遊び”として、カヨ子おばあちゃんがわかりやすく紹介してくれました。久保田 競博士・カヨ子先生いわく、「知性」だけが飛びぬけて優れていても“よい脳”とはいえず、「知性」と「心身」のバランスがとれた脳こそ、赤ちゃんに備えてほしい“よい脳”なのだそうです。そんな脳づくりのために、「知能」「体」の2編に分けて、脳を育てる遊びをたっぷり紹介。まんべんなく本書の遊びを取り入れるだけで、自然と赤ちゃんの脳を伸ばすことができるはず。“育脳遊び”のほか、今まで誤解されがちだった生後0~3カ月の間の赤ちゃんとの過ごし方、ママたちの悩みに一問一答、手作りおもちゃアイデア、おむつ体操etc.…と、遊びごたえも読みごたえもたっぷりの1冊です!

カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり――子育ては体当たり。失敗してまた学べばいいのよ。 ([実用品]) 単行本(ソフトカバー) – 2015/9/7

久保田 カヨ子 (著)

あらすじ


累計25万部突破! 「カヨ子ばあちゃんシリーズ」著者で、
育児界のカリスマ・久保田カヨ子氏
初の「子育て日めくり」がついに登場!

脳科学おばあちゃん久保田カヨ子先生の2~3才 頭のいい子に育つ育脳あそび―集団生活に入るまえに (主婦の友生活シリーズ) ムック – 2012/9/7

久保田 競 (著), 久保田 カヨ子 (著)

あらすじ


3才までの親子遊びや接しかたで、頭のいい子に育つ基礎がつくられます。親子で楽しむ育脳あそびで、賢い子に育てましょう。脳科学遊びカードつき。

脳科学おばあちゃん久保田カヨ子先生の1~2才 頭のいい子に育つ五感のびのび育児 ―あんよが上手になったら (主婦の友生活シリーズ) ムック – 2012/9/7

久保田 競 (著), 久保田 カヨ子 (著)

あらすじ


今日からすぐに家庭でできる、本当に頭のいい子を育てるカヨ子おばあちゃんの育児法。1~2才代は、知識を詰め込む前にやるべきことがあります。

賢い子、頭のいい子ってどんな子でしょう? 早期教育に夢中になるあまり、本当にやるべきことをないがしろにしていませんか? 1~2才は、その後の人生で知識や教養をたっぷり吸収できるようになるための器づくりの時期。見る、触れる、聞く、嗅ぐ、味わうといった感覚を鋭敏にしてやる働きかけが、その先の大きな飛躍につながります。すべての原動力になる「運動神経」をのばすためにはどうすればいいのか。数字のセンスを磨くとは? 親の働きかけでこんなに違う言語感覚の豊かさなど、今日からすぐに実践できる育児のコツがぎっしり詰まっています。楽しく遊びながら能力がグングン伸びる脳科学遊びカードつき。1才児のママ・パパ必見の、全く新しい育児教育ムックです。

さいごに

最後までお読み頂きありがとうございました
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、
はてなブックマークツイッターFacebook等でシェアしていただけたら嬉しいです。
この上ない励みになります。

広告を非表示にする