鯨の書斎

今日も、どこかで読まれている本を紹介しています。

明日に向って走れ (角川文庫 緑 539-2) 文庫 – 1983/6

今日の気になる書籍のご紹介

いま話題の書籍や古書などジャンルを問わず
良いなと思った書籍を幅広く関連書を交えて紹介していきます。

本日、ご紹介する書籍はこちら。

明日に向って走れ (角川文庫 緑 539-2) 文庫 – 1983/6

明日に向って走れ (角川文庫 緑 539-2)

あらすじ

マスコミから総攻撃をくらったスキャンダル、訪れた家庭の崩壊、安定に刃を突きつける音楽業界での反逆、吉田拓郎はたえず事件の只中に身をおき、時代と人生を感じとっていた。この本には、そんな拓郎の生々しい告白がつづられている。

目次

書籍情報

明日に向って走れ (角川文庫 緑 539-2) 文庫 – 1983/6

吉田 拓郎 (著)
文庫: 180ページ
出版社: 角川書店 (1983/06)
ISBN-10: 4041539021
ISBN-13: 978-4041539026
発売日: 1983/06
商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.4 x 1 cm

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

レビュー

関連書籍

吉田拓郎 終わりなき日々 単行本 – 2010/7/1

吉田拓郎 終わりなき日々

吉田拓郎 終わりなき日々

田家 秀樹 (著)

あらすじ

最後の全国ツアー<TAKURO YOSHIDA Have A Nice Day LIVE 2009>に完全密着! 何が生まれ、何を遺したのか。徹底した取材で克明に描く、真実の姿。迫真のドキュメント!

小説・吉田拓郎 いつも見ていた広島 (小学館文庫) 文庫 – 2009/6/5

小説・吉田拓郎 いつも見ていた広島 (小学館文庫)

小説・吉田拓郎 いつも見ていた広島 (小学館文庫)

田家 秀樹 (著)

あらすじ

1960年代後半、大学に進学した「吉田拓郎」は仲間とともにバンド活動に打ち込んでいた。
しかし「ヒロシマ」という土地には、まだまだ戦争の香りが色濃く残っており、
数少ない理解者の協力でライブを開くのが精一杯だった。
仲間と共に上京するが、彼らの音楽はなかなか理解されることはなかった。
拓郎は仲間たちと離れてさまざまな音楽を模索、何度目かのコンテストでやっと注目され、
よしだたくろう」の名が「和製ボブ・ディラン」としてマスコミに取り上げられる。
希代のスーパースターを生んだ土地と時代に繰り広げられる青春群像。

誰も知らなかった吉田拓郎 (文庫ぎんが堂) 文庫 – 2009/11/30

誰も知らなかった吉田拓郎 (文庫ぎんが堂)

誰も知らなかった吉田拓郎 (文庫ぎんが堂)

山本 コウタロー (著)

あらすじ

吉田拓郎の出現は衝撃だった。「イメージの歌」で登場、「結婚しようよ」「旅の宿から」「人間なんて」と70年代、多くの若者が拓郎の歌に熱狂し、ギターは爆発的に売れ、フォークがメジャーになった。拓郎はどのように時代を創ってきたのか。生い立ち、歌、恋愛、成功と挫折、いきざま…、拓郎とその仲間たちの青春の日々を、「岬めぐり」のヒットを持ち、盟友でもある山本コウタローが一年以上にわたる綿密な取材をもとに書き下ろした名著が35年のときを経て初文庫化。

アーティストファイル 吉田拓郎 オフィシャル・データブック 単行本 – 2014/11/21

アーティストファイル 吉田拓郎 オフィシャル・データブック

アーティストファイル 吉田拓郎 オフィシャル・データブック

田家 秀樹 (著)

あらすじ

吉田拓郎のアーティスト活動を網羅。1970年、忽然とシーンに登場してから2014年までの足跡と、アルバム、シングル、映像作品、提供楽曲、コンサートなど音楽活動の記録を集大成。日本の音楽シーンを動かしてきたアーティストの音楽、そしてそのスピリットを伝える一冊。

さいごに

最後までお読み頂きありがとうございました
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、
はてなブックマークツイッターFacebook等でシェアしていただけたら嬉しいです。
この上ない励みになります。

広告を非表示にする