読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯨の書斎

今日も、どこかで読まれている本を紹介しています。

ひとつ拾えば、ひとつだけきれいになる―心を洗い、心を磨く生き方 単行本 – 2006/6

今日の気になる書籍のご紹介

いま話題の書籍や古書などジャンルを問わず
良いなと思った書籍を幅広く関連書を交えて紹介していきます。

本日、ご紹介する書籍はこちら。

ひとつ拾えば、ひとつだけきれいになる―心を洗い、心を磨く生き方 単行本 – 2006/6

ひとつ拾えば、ひとつだけきれいになる―心を洗い、心を磨く生き方

あらすじ

「『ひとつ拾えば、ひとつだけきれいになる』私の信念を込めた言葉です。ゴミを拾っていて感じることは、ゴミを捨てる人は捨てる一方。まず、拾うことはしないということです。反対に、拾う人は無神経に捨てることもしません。この差は年月がたてばたつほど大きな差となって表れてきます。人生はすべてこうしたことの積み重ねですから、ゴミひとつといえども小さなことではありません。第一、足元のゴミひとつ拾えぬほどの人間に何ができましょうか」。「ともすると人間は、平凡なことはバカにしたり、軽くあしらいがちです。難しくて特別なことをしなければ、成果が上がらないように思い込んでいる人が多くいます。そんなことは決してありません。世の中のことは、平凡の積み重ねが非凡を招くようになっています」。
トイレや街頭などの徹底した掃除を40年以上続け、多くの人々の心を揺さぶってきた著者の言葉を満載。人生を磨くヒントにあふれた一冊である。

目次

第1章 凡事徹底こそ
第2章 掃除をやりとげる心
第3章 人とのご縁を大切にする
第4章 無駄な努力はない
第5章 苦境の乗り越え方
第6章 人間力を高める
第7章 幸せな生き方
第8章 仕事をいかに進めるか
第9章 正しい経営のあり方
第10章 この社会に生きる
終章 国を滅ぼさぬために

書籍情報

ひとつ拾えば、ひとつだけきれいになる―心を洗い、心を磨く生き方 単行本 – 2006/6

ひとつ拾えば、ひとつだけきれいになる―心を洗い、心を磨く生き方

ひとつ拾えば、ひとつだけきれいになる―心を洗い、心を磨く生き方

鍵山 秀三郎 (著), 亀井 民治 (編集)
単行本: 259ページ
出版社: PHP研究所 (2006/06)
ISBN-10: 4569652352
ISBN-13: 978-4569652351
発売日: 2006/06
商品パッケージの寸法: 14.8 x 11 x 1.4 cm

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

鍵山/秀三郎
昭和8年、東京生まれ。昭和27年、疎開先の岐阜県立東濃高校卒業。昭和28年、デトロイト商会入社。昭和36年、ローヤルを創業し社長に就任。平成9年、社名をイエローハットに変更。平成10年、同社取締役相談役となる。創業以来続けている「掃除」に多くの人が共鳴し、近年は掃除運動が内外に広がっている。「日本を美しくする会」相談役

亀井/民治
昭和21年、鹿児島県生まれ。昭和45年、東京電機大学(二部)機械工学科卒業。高周波熱錬を経て、昭和50年に環境整備機器の製造販売を行うエッチアンドケイを設立、社長に就任。平成14年、ローヤルを改組設立。平成15年、ローヤルをシステムジャパンに社名変更し、社長に就任。人材育成の講師や経営コンサルティング、講演活動に従事。薩摩大使(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連情報

関連書籍

鍵山秀三郎「一日一話」―人間の磨き方・掃除の哲学・人生の心得 単行本 – 2004/2

鍵山秀三郎「一日一話」―人間の磨き方・掃除の哲学・人生の心得

鍵山秀三郎「一日一話」―人間の磨き方・掃除の哲学・人生の心得

鍵山 秀三郎 (著), 亀井 民治 (編集)

あらすじ

ただひたすら掃除をやり続けてイエローハットを優良企業に育てた著者が「凡事を徹底することの大切さ」を説く。一日一話形式の名言集。

昭和36年、一人で始めた事業が、いまや年間売上1、250億円、経常利益40億円という優良企業へ。その企業とは全国に店舗を構えるカー用品専門店「イエローハット」である。創業者の鍵山秀三郎氏は語る。「私には人より抜きん出た能力は一つもない。商売の才覚もない。リーダーシップもあるとはいえない。そんな平凡な私がいままで事業を続けてこられたのは、トイレ掃除を通して“誰にでもできることを、誰にもできないくらい、徹底して続けてきた”という以外に理由は見当たらない」と。なぜ掃除を続けるだけで企業を大きくすることができたのか? じつは掃除には、人間の心を磨く力から企業を伸ばす力まで、あらゆる力が秘められているのである。本書は、「日本を美しくする会」相談役でもある著者が折々に語った名言・至言を編集し、一日一話形式にまとめたもの。毎日一話読むだけで、心が洗われていくとともに、困難な時代を生き抜く勇気が与えられる。
ISBN-10: 4569634672

凡事徹底 (活学叢書) ハードカバー – 1994/11/10

凡事徹底 (活学叢書)

凡事徹底 (活学叢書)

鍵山 秀三郎 (著)

あらすじ

「掃除などよりもっと経済性の高いことをするべきだ」そんな声にもめげず30余年自ら掃除をやり続けた社長。微差の積み重ねが絶対差となる。ローヤル創業者がその信念を語る1冊。
ISBN-10: 4884743482

掃除道 (PHP文庫) 文庫 – 2007/5/2

掃除道 (PHP文庫)

掃除道 (PHP文庫)

鍵山 秀三郎 (著), 亀井 民治 (編集)

あらすじ

自動車用品販売のイエローハット創業者・鍵山秀三郎。彼の掃除道の波は、今や日本を越え世界中に広まりつつある。いったい掃除にはどんな力があるのだろうか?本書は、掃除を毎日続けるだけで、赤字企業が黒字になり、荒廃した学校が甦り、犯罪までもが減少したという実例を基に、掃除が持つ力と、掃除の方法を丁寧に解説したものである。掃除の驚くべき威力を、あますところなく紹介した感動の体験記。
ISBN-10: 4569668801

あとからくる君たちへ伝えたいこと ハードカバー – 2011/9/16

あとからくる君たちへ伝えたいこと

あとからくる君たちへ伝えたいこと

鍵山 秀三郎 (著)

あらすじ

会社を一代で優良企業に育てた起業家として、また「日本を美しくする会」の相談役として知られる鍵山秀三郎氏。
本書は、氏が体得した人生哲学を、中学生に語った講演録だ。
氏が挙げる「よりよい人生を送るために大切なこと」は、「毎日少しでも、できるだけ、私が(行う)」「できない理由をいくら探しても、人間はよくならない」「本当の幸せは『何もない』ところから生まれる」など、些細な日常の心掛けばかり。
しかし、その小さなことの積み重ねがいかに大切か、平易な言葉と実例で、分かりやすく説かれている。
実行に裏打ちされた鍵山氏の実践哲学は、次代を担う若者たちの人生を切り拓き、よりよい生き方を指し示す羅針盤となるだろう。
ISBN-10: 4884747313

困ったことばかりでも、何かひとつはよいことがある。 単行本 – 2012/7/21

鍵山 秀三郎 (著), 亀井 民治 (編集)

あらすじ

イエローハット創業者で、「掃除の神様」として有名な著者が、78歳になるまで実践してきた、人としての生き方を綴った珠玉の言葉集!
ISBN-10: 4569805345

さいごに

最後までお読み頂きありがとうございました
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、
はてなブックマークツイッターFacebook等でシェアしていただけたら嬉しいです。
この上ない励みになります。

広告を非表示にする