鯨の書斎 転がる本のように

今日も、どこかで読まれている本を紹介しています。

恥さらし―北海道警 悪徳刑事の告白 稲葉 圭昭【著】 講談社

恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白 (講談社文庫) 文庫 – 2016/1/15

稲葉 圭昭 (著)
恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白 (講談社文庫)

サイズ 文庫判/ページ数 300p/高さ 15cm
商品コード 9784062932707

ダブルカバー版
出版社内容情報

犯罪者へ転落した「エース刑事」の懺悔録。圧倒的迫力のクライム・ノンフィクション! 映画『日本で一番悪い奴ら』原作二〇〇〇年春、函館新港に運ばれてきた覚醒剤。その量百三十キロ、末端価格にして約四十億円。”密輸”を手引きしたのは北海道警察銃器対策課と函館税関であり、「銃対のエース」ともてはやされた刑事だった。腐敗した組織にあって、覚醒剤に溺れ、破滅を迎えた男が、九年の服役を経てすべてを告白する――。
二〇一六年六月二十五日公開、映画『日本で一番悪い奴ら』(主演・綾野剛)原作。

「稲葉事件」とは?
日本警察史上、最大の不祥事が明るみに出た事件。2002年7月、北海道警察の生活安全特別捜査隊班長である稲葉圭昭警部が、覚せい剤取締法違反容疑と銃砲刀剣類所持等取締法違反容疑で逮捕、有罪判決を受けた。公判において、北海道警察による「やらせ捜査」や「銃刀法違反偽証」などが明らかになるとともに、北海道警裏金事件が2003年に発覚するきっかけともなった。

あらすじ・内容説明

二〇〇〇年春、函館新港に運ばれてきた覚醒剤。その量百三十キロ、末端価格にして約四十億円。“密輸”を手引きしたのは北海道警察銃器対策課と函館税関であり、「銃対のエース」ともてはやされた刑事だった。腐敗した組織にあって、覚醒剤に溺れ、破滅を迎えた男が、九年の服役を経てすべてを告白する―。

目次

第一章 機動隊 柔道特別訓練隊員
第二章 暴力団捜査
第三章 クビなし拳銃
第四章 銃器対策のエース
第五章 エス──情報提供者
第六章 警察庁登録五〇号事件
第七章 違法捜査
第八章 泳がせ捜査──道警が関わった覚醒剤一三〇キロ密輸
第九章 薬物密売
第十章 逮 捕
第十一章 法廷での告白
終 章


稲葉 圭昭[イナバ ヨシアキ]
著・文・その他

北海道警察 日本で一番悪い奴ら (だいわ文庫) 文庫 – 2016/4/9

織川 隆 (著)
Amazonカスタマーレビュー

日本警察史上最大の不祥事! ヤクザとの癒着、拳銃の密売、覚醒剤の使用…映画「日本で一番悪い奴ら」、衝撃のノンフィクション!

二〇〇二年七月、北海道で現職警察官が逮捕された。階級は警部、逮捕容疑は覚醒剤使用だった。その後、覚醒剤密売と拳銃不法所持まで発覚。それは北海道警察を舞台にした日本警察史上、最大の不祥事が幕を開けた瞬間だった…。「黒い警部」は、なぜ醜い欲望に溺れたのか。あまりにもスキャンダラスな事件の真相と核心、道警の闇を暴く衝撃のノンフィクション!

北海道警察の冷たい夏 (講談社文庫) 文庫 – 2005/2/1

曽我部 司 (著)
Amazonカスタマーレビュー

佐野眞一氏絶賛!
行間から立ちのぼる警察組織のすさまじい腐臭。これは、北海道警だけの問題ではない。
覚せい剤の使用で現職の警部が逮捕されるという不祥事に揺れた北海道警察。だが事件の深層を知る男たちが不可解な死を遂げ、本当の「悪」はまだ姿を現していない。拳銃摘発の切り札といわれた警部は、なぜ覚せい剤に溺れたのか。取材現場から警察組織の腐敗臭が漂いはじめた——。衝撃のノンフィクション。

覚せい剤の使用で現職の警部が逮捕されるという不祥事に揺れた北海道警察。だが事件の深層を知る男たちが不可解な死を遂げ、本当の「悪」はまだ姿を現していない。拳銃摘発の切り札といわれた警部は、なぜ覚せい剤に溺れたのか。取材現場から警察組織の腐敗臭が漂いはじめた―。衝撃のノンフィクション。

警察のウラ知識 単行本 – 2021/2/13

稲葉 圭昭 (監修)
Amazonカスタマーレビュー

日本警察史上、最大の不祥事を引き越した
元“悪徳刑事"が教える警察のタブー!

捜査、階級、裏金、隠語……30万組織を丸裸にする禁断情報満載、
警察ドラマ・小説では決して描かれない警察のリアル!

●営業マンもビックリ! 警察官の過酷な「ノルマ」
●情報提供者「S(エス)」の作り方、教えます!
●「キムタク」ドラマで話題! 「警察学校」のヤバい実態
ノンキャリアの出世の限界は?
●警察官が「不倫」をすると……芸能人もビックリの代償
●「管理官」とはどんなポジション?
●刑事vs.検事「起訴」をめぐる暗闘!
●「容疑者」「被疑者」「不審者」…いちばん“黒い"のは?
など63ネタ掲載!

さいごに

最後までお読みいただきありがとうございました。
もしこの記事が気に入っていただけましたら、
はてなブックマークツイッターFacebook等でシェアしていただけたら嬉しいです。
この上ない励みになります。