読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯨の書斎

今日も、どこかで読まれている本を紹介しています。

幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII 単行本(ソフトカバー) – 2016/2/26

本 > 人文・思想 > 心理学 > 心理学入門

今日の気になる書籍のご紹介

いま話題の書籍や古書などジャンルを問わず
良いなと思った書籍を幅広く
関連書を交えて紹介していきます。

本日の、ご紹介する書籍はこちら。

幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII 単行本(ソフトカバー) – 2016/2/26

幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

目次

第一部 悪いあの人、かわいそうなわたし
第二部 なぜ「賞罰」を否定するのか
第三部 競争原理から協力原理へ
第四部 与えよ、さらば与えられん
第五部 愛する人生を選べ

あらすじ

人は幸せになるために生きているのに、なぜ「幸福な人間」は少ないのか?アドラー心理学の新しい古典『嫌われる勇気』の続編である本書のテーマは、ほんとうの「自立」とほんとうの「愛」。そして、どうすれば人は幸せになれるか。あなたの生き方を変える劇薬の哲学問答が、ふたたび幕を開ける!!

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

岸見/一郎
哲学者。1956年京都生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学。専門の哲学(西洋古代哲学、特にプラトン哲学)と並行して、1989年からアドラー心理学を研究。日本アドラー心理学会認定カウンセラー・顧問。国内外で多くの“青年”に対して精力的に講演・カウンセリング活動を行う

古賀/史健
株式会社バトンズ代表。ライター。1973年福岡生まれ。書籍のライティング(聞き書きスタイルの執筆)を専門とし、ビジネス書やノンフィクションの分野で数多くのベストセラーを手掛ける。2014年、「ビジネス書ライターという存在に光を当て、その地位を大きく向上させた」として、ビジネス書大賞2014・審査員特別賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

書籍情報

幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII 単行本(ソフトカバー) – 2016/2/26

幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

岸見 一郎 (著), 古賀 史健 (著)
単行本(ソフトカバー): 296ページ
出版社: ダイヤモンド社 (2016/2/26)
言語: 日本語
ISBN-10: 4478066116
ISBN-13: 978-4478066119
発売日: 2016/2/26
商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.2 x 2.2 cm

関連書籍

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え 単行本(ソフトカバー) – 2013/12/13

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
岸見 一郎 (著), 古賀 史健 (著)

目次


第1夜 トラウマを否定せよ
第2夜 対人関係がすべてである
第3夜 他者の課題を切り捨てる
第4夜 あなたの居場所はどこにあるか
第5夜 幸福に生きる条件とは

あらすじ

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

本書は、フロイトユングと並び「心理学の三大巨頭」と称される、アルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)を、「青年と哲人の対話篇」という物語形式を用いてまとめた一冊です。欧米で絶大な支持を誇るアドラー心理学は、「どうすれば人は幸せに生きることができるか」という哲学的な問いに、きわめてシンプルかつ具体的な“答え”を提示します。この世界のひとつの真理とも言うべき、アドラーの思想を知って、あなたのこれからの人生はどう変わるのか?もしくは、なにも変わらないのか…。さあ、青年と共に「扉」の先へと進みましょう―。

アドラー心理学入門―よりよい人間関係のために (ベスト新書) 新書 – 1999/9

アドラー心理学入門―よりよい人間関係のために (ベスト新書)
岸見 一郎 (著)

目次

第1章 アドラーはどんな人だったか
第2章 アドラー心理学の育児と教育
第3章 横の関係と健康なパーソナリティ
第4章 アドラー心理学の基礎理論
第5章 人生の意味を求めて

あらすじ

アドラー心理学入門―よりよい人間関係のために (ベスト新書)

アドラー心理学入門―よりよい人間関係のために (ベスト新書)

アドラー心理学の見地から、どうすれば幸福に生きることができるかという古くからの問いにアドラーがどのように答えようとしているのかを明らかにし、どのように生きていけばいいのかという指針を示す。

アドラー『人生の意味の心理学』 2016年2月 (100分 de 名著) ムック – 2016/1/25

アドラー『人生の意味の心理学』 2016年2月 (100分 de 名著)
岸見 一郎 (その他)

目次

あらすじ

アドラー『人生の意味の心理学』 2016年2月 (100分 de 名著)

アドラー『人生の意味の心理学』 2016年2月 (100分 de 名著)

フロイトユングと並び称される心理学者アドラー。その思想のエッセンスを紹介した『嫌われる勇気』がベストセラーとなるなど、いま注目を集めている。過去は変えられなくても未来は変えることができると説き、多くの人々を勇気づけているアドラー心理学を、『嫌われる勇気』の共著者がわかりやすく解説。

アドラー流一瞬で心をひらく聴き方 単行本 – 2016/2/3

アドラー流一瞬で心をひらく聴き方
岩井俊憲 (著)

目次

PROLOGUE アドラ-心理学の基本用語

PART1 聴きベタな人の5つの特徴
PART2 聴き上手な人の6つの特徴
PART3 これだけは押さえたい! 聴き方の基本
PART4 「この人でなければ! 」と思わせる聴き方の応用
PART5 ケース別会話例~仕事編~ PART6 ケース別会話例~プライベート編~
EPILOGUE 自分と相手のタイプを知ろう

あらすじ

アドラー流一瞬で心をひらく聴き方

アドラー流一瞬で心をひらく聴き方

話しベタでも人見知りでも大丈夫!聴く力を磨けば信頼される人になる!「もっと話したい!」と思われる1分会話術!

老いた親を愛せますか? それでも介護はやってくる 単行本 – 2015/12/10

老いた親を愛せますか? それでも介護はやってくる
岸見 一郎 (著)

目次

第1章 父と母が教えてくれた「人生の意味」(「あの子がすることはすべて正しい」と味方してくれた母
倒れた母から学んだ「生きる意味」 ほか)
第2章 ありのままを受け入れる(ありのままを受け入れる勇気
父の脳裏から消えることのない戦争への怒り ほか)
第3章 老いた親とよい関係を築く(子どもが親を幸福にすることはできない
親がしたいことを子どもが止めてはいけない ほか)
終章 「いま、ここ」を楽しんで生きる(人生を効率的に生きることに意味はない
「余生」を考えて生き方を変える必要はない ほか)

あらすじ

老いた親を愛せますか? それでも介護はやってくる

老いた親を愛せますか? それでも介護はやってくる

私たちにとって幸福とは何か?動けなくなり、意識をなくしてしまった時に、なお生きる意味を見出すことができるのだろうか?ベストセラー『嫌われる勇気』・アドラー心理学の第一人者が、ありのままの家族の関係を提言。

アドラー流 人をHappyにする話し方 (王様文庫) 文庫 – 2015/7/29

アドラー流 人をHappyにする話し方 (王様文庫)
岩井 俊憲 (著)

目次

1章 あなたのその「やさしさ」は、もっとわかってもらえていい(ほめたつもりなのに、気分を害されたのはなぜ?―「やればできるじゃない」…?
“ワンパターンの言葉”が口グセになっていると…―「ステキですね」…? ほか)
2章 気持ちがしっかり伝わる表現はどっち?(こんなとき、どう言えばいい?)
3章 やさしい心の表れ―「人を勇づける言葉」の数々(「喜ばせる」だけでいいのですか?
「みんなに好かれたい」は幻想、「みんなに嫌われている」は妄想 ほか)
4章 ほら、同じことでも「言い方しだい」でこんなに変わる!(「わかってほしい」ときの4つの言い方
聞いた側はどんな気持ちになるか ほか)
5章 「人も自分もHappyになる」5つの話し方(言葉をかける前に
実践編1 「感謝」の気持ちを具体的に表す ほか)

あらすじ

アドラー流 人をHappyにする話し方 (王様文庫)

アドラー流 人をHappyにする話し方 (王様文庫)

あなたの“やさしさ”がちゃんと伝わるこの「ひと言」。今日から使える「人を勇気づける言葉」実例集。

まとめ

ご紹介させていただいた書籍

さいごに

最後までお読みいただきありがとうございました
もしこの記事が気に入っていただけましたら、
はてなブックマークツイッターFacebook等でシェアしていただけたら嬉しいです。
この上ない励みになります。

広告を非表示にする