鯨の書斎

今日も、どこかで読まれている本を紹介しています。

男道 (幻冬舎文庫) 文庫 – 2010/3

今日の気になる書籍のご紹介

いま話題の書籍や古書などジャンルを問わず
良いなと思った書籍を幅広く
関連書を交えて紹介していきます。

本日の、ご紹介する書籍はこちら。

男道 (幻冬舎文庫) 文庫 – 2010/3

男道 (幻冬舎文庫)

目次

第1章 岸和田
第2章 富田林
第3章 所沢
第4章 東京
第5章 大阪

あらすじ

「あの時、桑田を憎んでいた」。盟友との絆を引き裂かれた、ドラフト当日の信じられない出来事。野茂・伊良部らとの特別な男の戦い。9年間過ごし、放り出された巨人軍への愛憎。例のない左膝の大手術と地獄のリハビリ、そして、最後の一振りに賭けた思い。最後まで自分の信じる道を貫いた、不世出のスーパースター、清原和博初めての自叙伝。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

清原/和博
1967年大阪府岸和田市生まれ。5季連続で甲子園に出場、通算13本塁打を放つ。85年に西武ライオンズに入団。翌年、高卒新人新記録となる31本塁打を記録。96年に巨人に移籍。2004年に2000本安打、05年に500本塁打を達成。08年に引退(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

書籍情報

男道 (幻冬舎文庫) 文庫 – 2010/3

男道 (幻冬舎文庫)

男道 (幻冬舎文庫)

清原 和博 (著)
文庫: 253ページ
出版社: 幻冬舎 (2010/03)
ISBN-10: 4344414454
ISBN-13: 978-4344414457
発売日: 2010/03
商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.2 x 1.2 cm

関連書籍

完本 清原和博 (文春文庫) 文庫 – 2010/8/4

完本 清原和博 (文春文庫)
スポーツグラフィック ナンバー (編集)

目次

スペシャル・インタビュー 野球が強さを教えてくれた。
回想のPL学園 忘れ得ぬ三度の挫折。
甲子園デビューの頃 KKコンビ、15歳の鮮烈。
クロス・インタビュー そして2人はライバルとなった。
ルーキー時代 不安が生んだ打撃開眼。
メディアは語る 清原番記者日記。
夢をかなえた日 見たか巨人、ボクの涙は日本一!
ビッグ対談 長嶋茂雄×清原和博「ナンバーワンの条件」
6年目の憂鬱 無冠の1億円プレイヤー。
忍苦の巨人時代 地獄からの生還。
岸和田の流儀 名人、危所ニ遊ブ。
ケガと闘う日々 もう一度、万全の体で野球がやってみたいんや。
そしてオリックスへ 最後の闘い、最後の輝き。
恩師、同級生が語る 心優しき怪物との日々。
特別メッセージ植草貞夫 わが心の清原へ

あらすじ

完本 清原和博 (文春文庫)

完本 清原和博 (文春文庫)

あの夏の鮮烈な記憶―。PL学園の1年生4番打者として甲子園に登場した清原和博は、すべてにおいて破格の存在だった。その後の球歴もまた然り。涙のドラフト会議と西武入団。掴み取った日本一の栄光。憧れた巨人への移籍。けがとの壮絶な闘い。惜しまれつつの引退…。不世出のヒーローのすべてを凝縮した感涙の一冊。

清原和博 魂の言葉 単行本 – 2009/12/12

清原和博 魂の言葉
清原 和博 (著)

目次

第1章 闘志の章
第2章 復活の章
第3章 誇りの章
第4章 執念の章
第5章 感謝の章

あらすじ

清原和博 魂の言葉

清原和博 魂の言葉

野球は格闘技や、男は喧嘩に負けてはあかんのや、魂の言葉。

完本 桑田真澄 (文春文庫) 文庫 – 2010/8/4

完本 桑田真澄 (文春文庫)
スポーツグラフィック ナンバー (編集)

目次

スペシャル・インタビュー 逆風を楽しむ野球人生だった。
エースの原風景 PL学園野球部探訪。
’83年夏、PL学園vs.池田高校 目に見えない力を感じながら。
追跡ドキュメント ’85年ドラフト、苦悩の4日間。
衝撃のプロデビュー なぜホームランコースに投げるのか。
メディアは語る 桑田番記者日記。
2ケタ勝利、打率3割、ホームラン10本 僕はそんな投手になりたい。
ビッグ対談 東尾修vs.桑田真澄「43・2cmの夢」
魂の叫び 本当のボクを知って下さい。
孤高のプロフェッショナル 12年目のピッチャーズマウンド。
復活の理由 桑田真澄古武術の秘密。
究極の美意識 インサイドは抉らない。
そしてメジャーへ レインボールをもう一球。
恩師、同級生が語る 小さな大エースとの日々。
特別メッセージフランク・ジョーブ 親愛なる「渡り鳥」桑田へ。
戦友の見た姿 川相昌弘が語る「桑田の努力」

あらすじ

完本 桑田真澄 (文春文庫)

完本 桑田真澄 (文春文庫)

あの夏の鮮烈な記憶―。PL学園の1年生エースとして甲子園に登場した桑田真澄は、小さな体躯を補って余りある技術と精神を、その時すでに宿していた。波紋を呼んだドラフト会議と巨人入団。逆境に耐えた日々。肘痛の克服とメジャー挑戦。潔い引き際…。己を律し、不断の努力を貫いた男のすべてを凝縮した感奮の一冊。

反骨心 (角川oneテーマ21 A 103) 新書 – 2009/8/10

反骨心 (角川oneテーマ21 A 103)
清原 和博 (著)

目次

序章 一枚の色紙

第一章 挫折と反骨心
戦力外通告/悔しさを刻むピアス/岸和田魂/解雇通告/男気

第二章 感謝について
散る桜、残る桜も散る桜/芽生えた感謝の心/傲慢で不遜だった自分/恩は必ず返す/ただ酒は飲むな/感謝の気持ちが勇気を生む/僕の幕の引き方/地獄のリハビリ/息子の言葉/生き様を見せる/ふたつの引退試合

第三章 野球の神様
渡邉恒雄オーナーの一言/野球の神様/三振からのスタート/落合監督のヒント/門限破り/一流のピッチャーの壁/山田太郎が理想の四番像

第四章 桑田真澄というライバル
桑田の復活とホームラン/最大のライバル/桑田の甲子園での活躍/桑田がやるなら/甲子園と挫折/チームプレー

第五章 挫折のすすめ
人生の壁/僕が王さんと巨人を助けてやる/涙のドラフト/裏切られた/涙

第六章 熱いフライパン
日本シリーズ/はじめて日本シリーズ出場を逃がす/至上命令のタイトル獲得/一億円というプレッシャー/煮え切らない日々/ぬるま湯/誠意とジャイアンツ/「野球人生は憎しみで終わるよ」/応援ボイコット/桑田につぶやいた愚痴/戸惑った野球の違い/力対力こそ男の勝負/一度の失敗が大きな傷跡を残す/封印した八六八

第七章 ケガとの戦い
通算一九六個/バットを投げつけたわけ/死球に平然とする/度重なるケガと肉体改造/妻のために/復活/外国人に負けないパワー/一気に身体を大きくした弊害/ケガは借金と同じ/士は己を知る者のために死す

終章 そして、夢へ
無冠の誇り/最後のホームラン/プロ野球の魅力/指導者の道

あらすじ

人生、挫折ありき―。「無冠の誇り」があるからこそ、男の生き様は輝く。立ちはだかる逆境を「反骨心」で乗り越えた男・清原和博の人生哲学とは何か?「無器用な男」の人生哲学と生き様を公開する。

心の野球 超効率的努力のススメ (幻冬舎文庫) 文庫 – 2015/4/10

心の野球 超効率的努力のススメ (幻冬舎文庫)
桑田 真澄 (著)

目次

努力
野球エリート
怪我は勲章
試練
超マイナス思考
無常観
指導者とは

成長の法則
万里一空
感謝
桑田流プロフェッショナルの定義
因果応報

プロセス
調和
挑戦
心の野球

あらすじ

桑田真澄は、174cmと体格的に恵まれず、突出したボールが投げられるわけでもなかった。それでも、巨人のエースとして21年間君臨した。「がむしゃらな努力はムダだ」「努力には表の努力と裏の努力がある」「怪我は財産であり勲章」「超マイナス思考こそが心を満たす」「試練は必然」。日々、闘う全ての男たちに捧ぐ、努力の天才が辿りついた「成長の法則」。

球団と喧嘩してクビになった野球選手 (双葉文庫) 文庫 – 2014/3/13

球団と喧嘩してクビになった野球選手 (双葉文庫)
中野渡 進 (著)

目次

第1章 球団と喧嘩してクビになる―突然の戦力外通告
第2章 「24時間いつでも投げられます」―横浜ベイスターズ時代
第3章 「死に際が男の生き様」―もつ鍋屋開店
第4章 鬼の恩人―高校時代、社会人時代
第5章 キャッチボール―もつ鍋わたりとこれから

あらすじ

谷繁元信をキレさせ、三浦大輔を運転手代わりに使って、小宮山悟を巴投げ、編成担当の名刺は丸めて投げ捨てる…こんな破天荒なプロ野球選手(現モツ鍋屋店主)、見たことない!ファンはもちろん多くのプロ野球関係者(球団フロント以外)から、今も愛される「不器用で真っすぐな男(小宮山悟氏談)」こと、中野渡進氏の波瀾万丈すぎる自伝!

さいごに

最後までお読みいただきありがとうございました
もしこの記事が気に入っていただけましたら、
はてなブックマークツイッターFacebook等でシェアしていただけたら嬉しいです。
この上ない励みになります。

広告を非表示にする