鯨の書斎

今日も、どこかで読まれている本を紹介しています。

なぜ私は韓国に勝てたか 朴槿惠政権との500日戦争 単行本(ソフトカバー) – 2016/1/29

今日の気になる書籍のご紹介

いま話題の書籍や古書などジャンルを問わず
良いなと思った書籍を幅広く
関連書を交えて紹介していきます。

本日の、ご紹介する書籍はこちら。

なぜ私は韓国に勝てたか 朴槿惠政権との500日戦争 単行本(ソフトカバー) – 2016/1/29

なぜ私は韓国に勝てたか 朴槿惠政権との500日戦争

目次

第1章 3つのコラムが存在した
第2章 加藤さん、謝ったほうがいい
第3章 法廷に立つユニークな人々
第4章 情治主義の国
第5章 検察の焦り
第6章 韓国はこれからも韓国なのか
加藤裁判記録主な攻防

あらすじ

「人治主義」「情治主義」「反日無罪」…非・民主主義国家の一挙一動!かの国は法治国家ではない。暗黒裁判の裏側をすべて明らかにした衝撃の手記!

書籍情報

なぜ私は韓国に勝てたか 朴槿惠政権との500日戦争 単行本(ソフトカバー) – 2016/1/29

なぜ私は韓国に勝てたか 朴槿惠政権との500日戦争

なぜ私は韓国に勝てたか 朴槿惠政権との500日戦争

加藤達也 (著)
単行本(ソフトカバー): 337ページ
出版社: 産経新聞出版 (2016/1/29)
言語: 日本語
ISBN-10: 4819112740
ISBN-13: 978-4819112741
発売日: 2016/1/29
商品パッケージの寸法: 19.3 x 13.2 x 2.8 cm

関連書籍

危険な沖縄 親日米国人のホンネ警告 単行本(ソフトカバー) – 2016/2/10

危険な沖縄 親日米国人のホンネ警告
ケント・ギルバート (著), ロバート・D・エルドリッヂ (著)

目次

序 章 沖縄は被害者意識を、本土は加害者意識を捨てよ!
第一章 沖縄は二紙がつぶれたら正常化する
第二章 そもそも沖縄問題は存在しない
第三章 本当は解決を望んでいない基地問題
第四章 「翁長」「中国」「沖縄」の関係
第五章 「日米同盟を維持」は不愉快
第六章 平和安全法制と「トモダチ作戦
第七章 アメリカは靖国に口を出すべきでない
第八章 日本の品格は外交の武器になる

あらすじ

危険な沖縄 親日米国人のホンネ警告

危険な沖縄 親日米国人のホンネ警告

日本人は沖縄への加害者意識を捨てよ!

無法、プロパガンダ、独裁、中国、偏向、被害者意識…閉ざされた沖縄の異常性。
沖縄に住み、商売もしたケントと元海兵隊幹部がアメリカのホンネを激白する。

米軍は沖縄から撤退するわけにはいかない!

やっと自虐史観のアホらしさに気づいた日本人 単行本(ソフトカバー) – 2016/1/28

やっと自虐史観のアホらしさに気づいた日本人
ケント・ギルバート (著)

目次

第1章 GHQに代わって戦後日本を貶めてきた勢力(「ケントはネトウヨ!」という罵声?
「ぱよぱよちーん」「しばき隊」らの呆れた実態 ほか)
第2章 日本には反日メディアが多すぎる(「靖国参拝をする首相を倒す」と宣言した読売グループ会長
「皇居を破壊し、駐車場にすべし」という暴言 ほか)
第3章 日本はもう韓国に対して余計な気を遣う必要はない(金泳三大統領時代に始まった「自尊史観」と「反日」の暴走
「強い国」や「強い人」にひれ伏す精神性 ほか)
第4章 中国による「人民大虐殺史」を世界記憶遺産に推薦しよう(中国の軍事パレードを見て笑えた二つの事象
南京大虐殺資料を登録した「ユネスコ」の胡散臭さ ほか)
第5章 混沌とする国際情勢に対して、日本が持つべき心構え(いま日米は、どのような「関係」なのか
自衛隊はアメリカ軍に必ずしも付き従う必要はない ほか)

あらすじ

やっと自虐史観のアホらしさに気づいた日本人

やっと自虐史観のアホらしさに気づいた日本人

アメリカがつくった平和憲法(?)にしがみつく人たちには、こんな話をしてみてはいかがでしょうか?

あの日 単行本 – 2016/1/29

あの日
小保方 晴子 (著)

目次

研究者への夢
ボストンのポプラ並木
スフェア細胞
アニマル カルス
思いとかけ離れていく研究
論文著者間の衝突
想像をはるかに超える反響
ハシゴは外された
私の心は正しくなかったのか
メディアスクラム
論文撤回
仕組まれたES細胞混入ストーリー
業火
戦えなかった。戦う術もなかった
閉ざされた研究者の道

あらすじ

あの日

あの日

真実を歪めたのは誰だ?STAP騒動の真相、生命科学界の内幕、業火に焼かれる人間の内面を綴った衝撃の手記。。

突然死の危機に陥る中国と韓国: 悪あがきを繰り返し 単行本 – 2016/1/29

突然死の危機に陥る中国と韓国: 悪あがきを繰り返し
宮崎正弘 (著), 室谷克実 (著)

目次

あらすじ

2016年に入り再び始まった上海株と人民元の大暴落、そして台湾での独立派政権の誕生など、ますます追い詰められている中国。それに伴い、中国に傾斜していた韓国経済は崩壊危機に陥り、米国から迫られた慰安婦問題の日韓合意で国内分裂、さらには北朝鮮の水爆実験で朴槿恵政権は大混乱に陥っている。反日共存共栄するつもりだった両国の思惑は外れ、むしろ共倒れへと向かっている。最新情勢から中国、韓国とアジアの今後を第一人者が読み解く!

余命三年時事日記 単行本(ソフトカバー) – 2015/12/17

余命三年時事日記
余命プロジェクトチーム (著)

目次

序文 余命3年と宣告されて
第1章 アメリカも一目置く日本
第2章 韓国の崩壊
第3章 在日の終焉
第4章 在日韓国人への警告
第5章 通報祭り 日本人の逆襲
第6章 余命1~40号
番外編 日韓戦争

あらすじ

余命三年時事日記

余命三年時事日記

余命三年を宣告されたブロガーが、韓国や在日、サヨクが知られたくない情報を暴露。今もっとも注目のブログを書籍化!

そうだ難民しよう! はすみとしこの世界 単行本 – 2015/12/19

そうだ難民しよう!  はすみとしこの世界
はすみとしこ (著)

目次

そうだ在日しよう!
そうだ日本人しよう!
無国籍女王
そうだ被害者しよう!
そうだ慰安婦しよう!
オレたち朝鮮進駐軍
永遠のベビイ
バッカスおばさん
私の帰化した理由
シーシェパード、喋れない秘密〔ほか〕

あらすじ

そうだ難民しよう!  はすみとしこの世界

そうだ難民しよう! はすみとしこの世界

自称「被害者」「弱者」たちの実態を暴く!!はすみとしこの初イラスト&コラム集!

まとめ

さいごに

最後までお読みいただきありがとうございました
もしこの記事が気に入っていただけましたら、
はてなブックマークツイッターFacebook等でシェアしていただけたら嬉しいです。
この上ない励みになります。

広告を非表示にする