読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯨の書斎

今日も、どこかで読まれている本を紹介しています。

明治維新という過ち―日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト 単行本 – 2015/1/14

今日の気になる書籍のご紹介

いま話題の書籍や古書などジャンルを問わず
良いなと思った書籍を幅広く関連書を交えて紹介していきます。

本日、ご紹介する書籍はこちら。

明治維新という過ち―日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト 単行本 – 2015/1/14

明治維新という過ち―日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト

あらすじ

いまも続く長州薩摩社会。偽りに満ちた「近代日本」誕生の歴史。

目次

第1章 「明治維新」というウソ
第2章 天皇拉致まで企てた長州テロリスト
第3章 吉田松陰司馬史観の罪
第4章 テロを正当化した「水戸学」の狂気
第5章 二本松・会津の慟哭
第6章 士道の終焉がもたらしたもの

書籍情報

明治維新という過ち―日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト 単行本

明治維新という過ち―日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト

明治維新という過ち―日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト

原田 伊織 (著)
単行本: 319ページ
出版社: 毎日ワンズ; 改訂増補版 (2015/1/14)
ISBN-10: 490162282X
ISBN-13: 978-4901622820
発売日: 2015/1/14
商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 2.2 cm

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

原田/伊織
作家。クリエイティブディレクター。昭和21年京都・伏見生まれ。近江・佐和山城下、彦根城下で幼少年期を過ごし、大阪外国語大学を経て広告、編集制作の世界へ。現在も、マーケティングプランナー、コピーライター、クリエイティブディレクターとして活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連書籍

偽りの明治維新会津戊辰戦争の真実 (だいわ文庫) 文庫 – 2008/1/10

偽りの明治維新―会津戊辰戦争の真実 (だいわ文庫)
星 亮一 (著)

あらすじ

■日本史上稀に見る悲劇、会津戊辰戦争。死者の埋葬も許さず、財宝や女性を略奪した官軍の所業は、闇に葬られ、誰も知らず、教科書にも書かれていない。西郷隆盛大久保利通木戸孝允…。明治維新の元勲たちは本当に英雄なのか?天皇を利用して戦争を仕掛けた薩長が官軍で、尽忠報国会津が賊軍となった歴史の交差を紐解く。

龍馬の黒幕 明治維新と英国諜報部、そしてフリーメーソン (祥伝社文庫) 文庫 – 2009/6/12

龍馬の黒幕 明治維新と英国諜報部、そしてフリーメーソン (祥伝社文庫)
加治 将一 (著)

あらすじ

■一八六七年十二月十日夜、坂本龍馬斬殺。犯人は新撰組とも京都見廻組ともいわれている。しかし矛盾と謎が多すぎる。真犯人は誰か?浮かび上がる「龍馬の手紙」―幕臣勝海舟、英国武器商グラバーと行動を共にした龍馬が、死の直前に書いた最後の手紙に込めた「暗号」を読み解くことで、龍馬暗殺犯、さらには幕末維新の真相を暴く、驚愕の書。

司馬遼太郎が描かなかった幕末 松陰、龍馬、晋作の実像 (集英社新書) 新書 – 2013/9/13

司馬遼太郎が描かなかった幕末 松陰、龍馬、晋作の実像 (集英社新書)
一坂 太郎 (著)

あらすじ

■国民的作家として読み継がれている司馬遼太郎。そのあまりの偉大さゆえに、司馬が書いた小説を史実であるかのように受け取る人も少なくない。しかし、ある程度の史実を踏まえているとはいえ、小説には当然ながら大胆な虚構も含まれている。司馬の作品は、どこまでが史実であり、何が創作なのか?吉田松陰坂本龍馬高杉晋作が活躍する司馬遼太郎の名作をひもときながら、幕末・維新史の真相に迫る。

賊軍の昭和史 単行本(ソフトカバー) – 2015/8/6

賊軍の昭和史
半藤 一利 (著), 保阪 正康 (著)

あらすじ

薩長史観に隠された歴史の真実!“官軍”が始めた昭和の戦争を“賊軍”が終わらせた。鈴木貫太郎(関宿)、石原莞爾(庄内)、米内光政(盛岡)、山本五十六(長岡)、井上成美(仙台)…など、幕末維新で“賊軍”とされた藩の出身者たちを通して見えてくる「もう一つの昭和史」とは。新視点から分かる、あの戦争の真相。先の戦争では国を破滅へと向かわせ、今なお日本を振り回す“官軍”的なるものの正体を明らかにする。

幕末維新 消された歴史 (日経文芸文庫) 文庫 – 2014/5/9

幕末維新 消された歴史 (日経文芸文庫)
安藤 優一郎 (著)

あらすじ

■開国の外圧と幕府権威の失墜、そして時代は倒幕・大政奉還へと進んだ。しかし当初、薩長両藩は倒幕派ではなく、西郷・大久保らは孤立を深めていたのである。史実を丹念に辿り、正史では語られることのなかった敗者の歴史から、幕末維新の実像を描き出す歴史読み物。

偽りの幕末動乱 (だいわ文庫) 文庫 – 2009/5/8

偽りの幕末動乱 (だいわ文庫)
星 亮一 (著)

あらすじ

■黒船来航を契機に幕府は開国の道を選んだ。尊王攘夷を声高に叫ぶ前水戸藩徳川斉昭と、開国派の大老井伊直弼は激しく対立する。国内ではテロが横行して尊王攘夷が持て囃されるが、その陰では薩長の志士たちが狡猾な謀略を張り巡らせていた。当初から開国を推進していた幕府が、なぜ尊王攘夷を唱えていた薩摩や長州に倒されたのか?幕末史最大の転換点。

まとめ

ご紹介させていただいた書籍

明治維新という過ち―日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト

明治維新という過ち―日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト

偽りの明治維新―会津戊辰戦争の真実 (だいわ文庫)

偽りの明治維新―会津戊辰戦争の真実 (だいわ文庫)

賊軍の昭和史

賊軍の昭和史

幕末維新 消された歴史 (日経文芸文庫)

幕末維新 消された歴史 (日経文芸文庫)

偽りの幕末動乱 (だいわ文庫)

偽りの幕末動乱 (だいわ文庫)

さいごに

最後までお読み頂きありがとうございました
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、
はてなブックマークツイッターFacebook等でシェアしていただけたら嬉しいです。
この上ない励みになります。

広告を非表示にする