読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯨の書斎

今日も、どこかで読まれている本を紹介しています。

大村智 - 2億人を病魔から守った化学者 単行本 – 2012/2/9

今日の気になる書籍のご紹介

いま話題の書籍や古書などジャンルを問わず
良いなと思った書籍を幅広く関連書を交えて紹介していきます。

本日、ご紹介する書籍はこちら。

大村智 - 2億人を病魔から守った化学者 単行本 – 2012/2/9

大村智 - 2億人を病魔から守った化学者

あらすじ

微生物が産生する有用な化学物質の発見者であり、ノーベル賞に最も近い研究者の一人。夜間高校の教諭から始まる数奇な人生を描く

目次

自然と親しんだ小学生時代
スポーツに明け暮れた青春時代
高校教師から研究者に転身
北里研究所に入所して鍛えられる
アメリカの大学での研究生活
企業から研究費を導入して研究室を運営
エバーメクチンの発見
大村研究室の独立採算制
研究経営に取り組む
活発な研究活動と外国での評価
北里研究所メディカルセンター病院の建設
北里研究所とコッホ研究所
科学と芸術の共通性から女子美術大学の理事長へ
人材育成で社会貢献する大村研究室の活動

書籍情報

大村智 - 2億人を病魔から守った化学者 単行本

大村智 - 2億人を病魔から守った化学者

大村智 - 2億人を病魔から守った化学者

馬場 錬成 (著)
単行本: 293ページ
出版社: 中央公論新社 (2012/2/9)
ISBN-10: 4120043266
ISBN-13: 978-4120043260
発売日: 2012/2/9
商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.6 x 2.4 cm

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

馬場/錬成
1940年東京都生まれ。東京理科大学理学部卒業後、読売新聞社入社。編集局社会部、科学部、解説部を経て1994年から論説委員。2000年11月に退職後、東京理科大学知財専門職大学院(MIP)教授、早稲田大学客員教授特定非営利活動法人21世紀構想研究会理事長、文部科学省・科学技術政策研究所客員研究官、産学官連携戦略展開事業推進委員会委員、学佼給食における衛生管理の改善に関する調査研究協力者会議委員などを務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

レビュー

カスタマーレビュー

関連情報

関連書籍

なかのとおる生命科学者の伝記を読む 単行本 – 2011/12

なかのとおるの生命科学者の伝記を読む
仲野 徹 (著)

マリス博士の奇想天外な人生 (ハヤカワ文庫 NF) 文庫 – 2004/4/9

マリス博士の奇想天外な人生 (ハヤカワ文庫 NF)
キャリー・マリス (著), 福岡 伸一 (翻訳)

あらすじ

■DNAの断片を増幅するPCRを開発して、93年度のノーベル化学賞に輝いたマリス博士。この世紀の発見はなんと、ドライブ・デート中のひらめきから生まれたものだった!?幼少期から繰り返した危険な実験の数々、LSDのトリップ体験もユーモラスに赤裸々告白。毒グモとの死闘あり、宇宙人との遭遇あり…マリス博士が織りなすなんても楽しい人生に、きっとあなたも魅了されるはず。巻末に著者特別インタビュー掲載。

サルファ剤、忘れられた奇跡 - 世界を変えたナチスの薬と医師ゲルハルト・ドーマクの物語 単行本 – 2013/3/8

サルファ剤、忘れられた奇跡 - 世界を変えたナチスの薬と医師ゲルハルト・ドーマクの物語
トーマス・へイガー (著), 小林 力 (翻訳)

あらすじ

■それは細菌感染に無力だった人類が初めて手にした“効く”薬。顕微鏡下の地道な探究が、戦場の様相を、医師の役割を、医薬品開発の仕組みを根底から変えた―「最も偉大な医学の勝利」をめぐる知られざる歴史のドラマ。

ノンフィクションはこれを読め! - HONZが選んだ150冊 単行本 – 2012/10/24

ノンフィクションはこれを読め!  - HONZが選んだ150冊
成毛 眞 (著)

あらすじ

■「新刊ノンフィクションはこれを読め!」のHONZが厳選に厳選を重ねて読者にお届けするブックガイド。『さいごの色街 飛田』『河北新報のいちばん長い日』『地球全史』『神は数学者か?』『スパイス、爆薬、医薬品』『江戸時代の天皇』『未来国家ブータン』などを網羅。

ロゼッタストーン解読 (新潮文庫) 文庫 – 2008/6/1

ロゼッタストーン解読 (新潮文庫)
レスリー・アドキンズ (著), ロイ・アドキンズ (著), Lesley Adkins (原著), Roy Adkins (原著), & 1 その他

あらすじ

■「とうとうやった!」兄に向かって叫んだ彼は意識を失った。謎の古代文字、ヒエログリフ解説の瞬間だった―。18世紀末、ナポレオンのエジプト遠征が持ち帰った碑石ロゼッタストーンは解読競争を過熱させた。源流は漢字だ、などの珍説奇説や政変、窮乏のなか、真実に近づく若きシャンポリオンに英国のライバルが迫る…。異能の天才学者と、失われた文字を巡る興奮の歴史ドラマ。

狂気の科学―真面目な科学者たちの奇態な実験 単行本 – 2015/5/14

狂気の科学―真面目な科学者たちの奇態な実験
レト・U. シュナイダー (著), Reto U. Schneider (原著), 石浦 章一 (翻訳), 宮下 悦子 (翻訳)

あらすじ

■監獄実験でわかった人の心に潜む邪悪な本性とは?心の重量を実験で測定?モルモットの精巣由来の不老不死薬?ドラックでハイになった蜘蛛がつくる巣に異変が?中世から現代までの科学者たちの奇態な知的冒険100選。

まとめ

ご紹介させていただいた書籍

大村智 - 2億人を病魔から守った化学者

大村智 - 2億人を病魔から守った化学者

なかのとおるの生命科学者の伝記を読む

なかのとおるの生命科学者の伝記を読む

マリス博士の奇想天外な人生 (ハヤカワ文庫 NF)

マリス博士の奇想天外な人生 (ハヤカワ文庫 NF)

ノンフィクションはこれを読め!  - HONZが選んだ150冊

ノンフィクションはこれを読め! - HONZが選んだ150冊

ロゼッタストーン解読 (新潮文庫)

ロゼッタストーン解読 (新潮文庫)

  • 作者: レスリー・アドキンズ,ロイ・アドキンズ,Lesley Adkins,Roy Adkins,木原武一
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2008/06/01
  • メディア: 文庫
  • 購入: 2人 クリック: 50回
  • この商品を含むブログ (24件) を見る
狂気の科学―真面目な科学者たちの奇態な実験

狂気の科学―真面目な科学者たちの奇態な実験

さいごに

最後までお読み頂きありがとうございました
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、
はてなブックマークツイッターFacebook等でシェアしていただけたら嬉しいです。
この上ない励みになります。

広告を非表示にする