鯨の書斎

今日も、どこかで読まれている本を紹介しています。

無駄に生きるな熱く死ね (Sanctuary books) 単行本 – 2006/9/10

今日の気になる書籍のご紹介

いま話題の書籍や古書などジャンルを問わず
良いなと思った書籍を幅広く関連書を交えて紹介していきます。

本日、ご紹介する書籍はこちら。

無駄に生きるな熱く死ね (Sanctuary books) 単行本 – 2006/9/10

無駄に生きるな熱く死ね (Sanctuary books)

無駄に生きるな熱く死ね (Sanctuary books)

あらすじ

台湾・ゼロ番地、極貧のバラック小屋生活から日本のビジネス界へ。初恋の女性の死をきっかけに会社をおこし、20代で年商30億円まで急成長させた。貧困・差別・一家離散という劣悪な環境から生まれたリアルな人生哲学。

目次

無駄に生きるな。熱く死ね。
終わりを意識しろ。
悩む頭なんてない。何も恐れるな。
依存するな。1匹のライオンになれ。
出るクイになれ。
直感を信じろ。
ヒーローから学べ。
感情の揺れをバネにしろ。
あえて窮地に飛び込め。
自分の短所を人のために使え。〔ほか〕

書籍情報

無駄に生きるな熱く死ね (Sanctuary books) 単行本
直江 文忠 (著)
単行本: 160ページ
出版社: サンクチュアリ出版 (2006/9/10)
ISBN-10: 4861130158
ISBN-13: 978-4861130151
発売日: 2006/9/10
商品パッケージの寸法: 18.2 x 12.8 x 1.6 cm

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

直江/文忠
1977年、台湾省台北生まれ。サンクチュアリ株式会社・代表取締役バラック小屋で生活する貧困の幼少時代を経て日本に移り住み、自分が華人であることを意識しながら育った。その後、養父が経営する会社が倒産して一家離散。人生の無常さを感じる日々の中で、世界一の事業家になることを固く決意する。2003年、幼なじみの死をきっかけに葬儀業界のあり方に疑問を抱き、故人や遺族にとって本当に幸せなセレモニーを模索しようとサンクチュアリ株式会社を設立。わずか27歳で年商30億円企業まで急成長させた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連書籍

"気づく"ことが人生の成功を"築く" 単行本 – 2015/7/1

"気づく"ことが人生の成功を"築く"

松田 友一 (著)

あらすじ

■長年、ASKアカデミー・ジャパンというセミナー専門会社でプロのトレーナーとして、中小企業経営者や企業のリーダーを対象に、数多くの研修を手掛けて多くの成功者を排出してきた著者が、セミナー内容のエッセンスを語った、人生で成功するための指南書。

絶対達成する部下の育て方――稼ぐチームに一気に変わる新手法「予材管理」 単行本(ソフトカバー) – 2011/12/2

絶対達成する部下の育て方――稼ぐチームに一気に変わる新手法「予材管理」

絶対達成する部下の育て方――稼ぐチームに一気に変わる新手法「予材管理」

横山 信弘 (著)

あらすじ

■本書では、「最低でも目標予算を達成させるマネジメント」である、まったく新しいマネジメント手法「予材管理」を紹介。

PLAY・JOB (プレイ・ジョブ) (Sanctuary books) 単行本(ソフトカバー) – 2008/10/8

PLAY・JOB (プレイ・ジョブ) (Sanctuary books)

PLAY・JOB (プレイ・ジョブ) (Sanctuary books)

ポール・アーデン (著), sanctuarybooks (翻訳)

あらすじ

■ポール・アーデンは堅実なアドバイスをくれるかわりに、ビジネスマンが陥りやすい罠や矛盾について指摘する。そして私たちの常識を楽しくリニューアルしてくれる。あなたが営業マンだろうが、経営者だろうが、フリーターだろうが関係ない。独創的な考えや、奇抜なストーリー、衝撃的な写真、偉大なアーティストや科学者、哲学者の言葉などを駆使して、あなたの人生観・仕事観を激しく刺激するはずだ。

「空気」で人を動かす 単行本(ソフトカバー) – 2014/5/21

「空気」で人を動かす

「空気」で人を動かす

横山信弘 (著)

あらすじ

■日本人はまわりの空気を読み取る力に長けていることに加えて、とても影響されやすい。つまり、良い空気にも悪い空気にも感化されやすいのだ。「場の空気」が良くなれば、人は自らどんどん動き出す。目標を絶対達成させるコンサルタントが、コンサル現場から導き出した良い「空気」に変えるための究極メソッドを伝授!

専業主婦になりたい女たち (ポプラ新書) 新書 – 2014/12/1

白河 桃子 (著)

あらすじ

■若い女性のなかに“隠れ専業主婦願望”が広がっているという。好転しない経済状態、幸せで豊かな自身の母親への憧れ…、理由はさまざまだが、夫の収入だけで生活していくことが難しいと知りながら、キャリアを捨て家庭に何を望むのか?女性の社会進出が叫ばれる今、専業主婦のリアルから見えてくる、“フツウの幸せ”の大きな代償とは何か。

さいごに

最後までお読み頂きありがとうございました
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、
はてなブックマークツイッターFacebook等でシェアしていただけたら嬉しいです。
この上ない励みになります。

広告を非表示にする