読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯨の書斎

今日も、どこかで読まれている本を紹介しています。

未来のことは未来の私にまかせよう 31歳で胃がんになったニュースキャスター 単行本 – 2015/3/26

今日の気になる書籍のご紹介

いま話題の書籍や古書などジャンルを問わず
良いなと思った書籍を幅広く関連書を交えて紹介していきます。

本日、ご紹介する書籍はこちら。

未来のことは未来の私にまかせよう 31歳で胃がんになったニュースキャスター 単行本 – 2015/3/26

未来のことは未来の私にまかせよう 31歳で胃がんになったニュースキャスター

あらすじ

もう一度あの場所へ。がん闘病を公表したNHK BS1『国際報道2015』のキャスターが綴る、涙と希望と勇気あふれる手記。

黒木奈々、31歳。NHK BS1「国際報道2014」のメインキャスターに抜擢され、その前途は輝かしいものに思われていた。
そんなある日、友人との食事中に突然の胃痛に襲われる。救急車で運ばれ、胃せん孔との診断で入院。しかし、それは、たんなる胃潰瘍ではなく胃がんだった……。
セカンドオピニオンを得て、胃の手術を決意。同時に、自らの病名を公表し、病と戦うことを宣言する。
キャスターという立場を生かし、同年代の働く女性たちが、がんに襲われたとき、何か力になれるのではないかという信念のもとに、がん宣告のあとの心境を綴った手記が本書である。
あくまで明るく、前向きに病と闘いつつも、32歳の女性ならではの悩みはつきない。
容姿が取りざたされる職業で、果たして自分は仕事に戻れるのか。
これまでキャリアを優先してきたけれど、もう一度、誰かと恋ができるのだろうか。
結婚は? 子どもを持つことは?
何も「あきらめない」ことを目標とする今の女性たち。その中でがむしゃらに先頭を走ってきたキャスターが突然の病に襲われたとき、何を選び、何をあきらめるのか。
揺れ動く気持ちを素直に書き記した闘病記。

目次

第1章 それは突然やってきた(ワインバーでの突然の激痛
救急車には乗りたくない! ほか)
第2章 キャスターになるまで(極度の人見知りで甘えん坊
小学生でアナウンサーに憧れた ほか)
第3章 抗がん剤治療が始まる(転移はなかった
痛みのあまり冷え汗が ほか)
第4章 一月四日の復帰を目指して(すべてが闘病なんだね
復帰について公表される ほか)

書籍情報

未来のことは未来の私にまかせよう 31歳で胃がんになったニュースキャスター 単行本

黒木 奈々 (著)
単行本: 223ページ
出版社: 文藝春秋 (2015/3/26)
言語: 日本語
ISBN-10: 4163902384
ISBN-13: 978-4163902388
発売日: 2015/3/26
商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.4 cm

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

黒木/奈々
1982年11月12日生まれ。鹿児島県出身。上智大学国語学部フランス語学科卒。特技/仏語、テニス、元毎日放送報道局記者。NHK BS1『国際報道2015』キャスター。大学在学中、交換留学でフランスへ。英語とフランス語が堪能な国際派として2014年4月『国際報道2014』のキャスターとなる。しかし、同年8月末に胃がんと診断され、9月にがんであることを公表した。現在は療養のために休業中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連書籍

人生の目覚まし時計が鳴ったとき 単行本 – 2015/2/24

人生の目覚まし時計が鳴ったとき

人生の目覚まし時計が鳴ったとき

山下 弘子 (著)

あらすじ


19歳という若さで、巨大な肝臓がんが発覚、突然の「余命半年」宣告。転移と再発を繰り返し、それでも希望を失わず、余命宣告の先を生き抜く少女。彼女が命をかけて伝えたい23のメッセージとは?どんな境遇でも幸せになれることを証明する少女の真実の物語。

神様に生かされた理由(わけ): 23歳で子宮頸がんを宣告されて。 単行本 – 2015/2/7

神様に生かされた理由(わけ): 23歳で子宮頸がんを宣告されて。

神様に生かされた理由(わけ): 23歳で子宮頸がんを宣告されて。

阿南 里恵 (著)

あらすじ


23歳で子宮頸がんを発症。抗がん剤治療、子宮全摘出、放射線治療―死の恐怖、直面する社会の厳しさ…それでも、今が幸せ。仕事も恋も、夢を描いて生きていく!がんでも、子宮がなくても、自分らしく生きられる未来へ。全国で講演続々、各メディアが大注目!

雨上がりに咲く向日葵のように ~「余命半年」宣告の先を生きるということ 単行本 – 2014/12/10

雨上がりに咲く向日葵のように ~「余命半年」宣告の先を生きるということ

雨上がりに咲く向日葵のように ~「余命半年」宣告の先を生きるということ

山下 弘子 (著)

あらすじ


2012年10月のがん発覚以降、がむしゃらに、そして使命感に突き動かされながら生きてきた山下弘子が辿りついた幸せの境地!がんの転移・再発があっても、治療方法が絶たれても、誹謗中傷を受けても、大学を退学になっても、それでも、幸せに生きる!

モデル、40歳。乳がん1年生。 単行本 – 2009/12/16

モデル、40歳。乳がん1年生。

モデル、40歳。乳がん1年生。

MAIKO (著)

あらすじ


脱毛、味覚障害、ホットフラッシュ…。大変なことはいろいろあるけど、ひとりじゃないから乗り越えられる!左胸に小さな「しこり」を発見して始まった乳がんとの闘い。モデルであり、一児の母でもあるMAIKOは、どのように病気に立ち向かい、家族や友人はそれをどう支えたのか―。

私、乳がん。夫、肺がん。39歳、夫婦で余命宣告。 私は"私の命"をあきらめない 単行本(ソフトカバー) – 2013/8/9

私、乳がん。夫、肺がん。39歳、夫婦で余命宣告。 私は

私、乳がん。夫、肺がん。39歳、夫婦で余命宣告。 私は"私の命"をあきらめない

芽生 (著)

あらすじ


1歳と6歳の子の親として、最後の瞬間まで母であり続けた女性による“命の記録”。

笑うオカン戦士 溝渕カミ闘病2000日 単行本 – 2011/10/17

笑うオカン戦士 溝渕カミ闘病2000日

笑うオカン戦士 溝渕カミ闘病2000日

溝渕 佳美 (著)

あらすじ


「日記が面白い!」「勇気が出る」とmixiで評判を呼んだ
MBS毎日放送の名物ディレクターによる、笑えて泣けるボジティブ闘病記。
大阪・毎日放送のスタジオに200名を越える人が集まった。
それは、大阪の人気番組「ちちんぷいぷい」の
ディレクターだった1人の女性のお別れ会。
溝渕佳美、享年38歳。

33歳のとき、血液のガン、悪性リンパ腫の告知。
リスクを覚悟の上で、2回にわたる骨髄移植を受けた。
病気や子育てに対する夫との価値観の違いから、二度目の移植の直前に離婚。
5年の闘病の末、8歳の長女を残し、2010年秋、ひとり天国へと旅立った……。

困難にあってもユーモアを忘れず、前を向いて生きる。それが彼女の生きる姿勢でした。
これはセザリー症候群という難病と闘い、最後まで諦めずに強く生き抜いた
ひとりの女性が残した、周囲の人への感謝と一人娘への愛にあふれたメッセージの記録です。
生きるために大切な力は何なのか? その答えが、ここにあります。

さいごに

最後までお読み頂きありがとうございました
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、
はてなブックマークツイッターFacebook等でシェアしていただけたら嬉しいです。
この上ない励みになります。

広告を非表示にする