鯨の書斎

今日も、どこかで読まれている本を紹介しています。

春燈 (新潮文庫) 文庫 – 1991/3/27

今日の気になる書籍のご紹介

いま話題の書籍や古書などジャンルを問わず
良いなと思った書籍を幅広く関連書を交えて紹介していきます。

本日、ご紹介する書籍はこちら。

春燈 (新潮文庫) 文庫 – 1991/3/27

春燈 (新潮文庫)

あらすじ

土佐の高知で芸妓娼妓紹介業を営む家に生まれ育ち、複雑な家庭事情のもと、多感な少女期を送る綾子。育ての母喜和と、実父岩伍の離縁という破局の中にあって、若くみずみずしい心は激しく葛藤し、やがて束の間の淡い青春を迎える…。両親の側から生家の事情を克明に描いた名作『櫂』と、戦時下の満州での苦難の結婚生活に焦点を当てた『朱夏』を架橋する、著者渾身の自伝小説。

目次

書籍情報

春燈 (新潮文庫) 文庫 – 1991/3/27

春燈 (新潮文庫)

春燈 (新潮文庫)

宮尾 登美子 (著)
文庫: 643ページ
出版社: 新潮社; 改版 (1991/3/27)
ISBN-10: 4101293058
ISBN-13: 978-4101293059
発売日: 1991/3/27
商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2.2 cm

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

宮尾/登美子
1926(大正15)年、高知市生れ。17歳で結婚、夫と共に満州へ渡り、敗戦。九死に一生の辛苦を経て’46(昭和21)年帰郷。県社会福祉協議会に勤めながら執筆した’62年の「連」で女流新人賞。上京後、九年余を費し’72年に上梓した「櫂」が太宰治賞、’78年の『一絃の琴』により直木賞受賞。他の作品に『序の舞』(’82年刊、吉川英治文学賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連情報

関連書籍

朱夏 (新潮文庫) 文庫 – 1998/11/30

朱夏 (新潮文庫)

朱夏 (新潮文庫)

宮尾 登美子 (著)

あらすじ

果してまだ、日本はあるのか…?同郷の土佐から入植した開拓団の子弟教育にあたる夫、生後まもない娘と共に、満州へ渡った綾子は十八歳。わずか数カ月後、この地で敗戦を迎えることになろうとは。昨日までの人間観・価値観はもろくも崩れ去り、一瞬にして暗転する運命、しのび寄る厳寒。苛酷無比、めくるめく五百三十日を熟成の筆で再現、『櫂』『春燈』と連山を組む宮尾文学の最高峰。
ISBN-10: 4101293090

仁淀川 (新潮文庫) 文庫 – 2003/8/28

仁淀川 (新潮文庫)

仁淀川 (新潮文庫)

宮尾 登美子 (著)

あらすじ

満州で敗戦を迎え、夫と幼い娘と共に必死に引揚げてきた二十歳の綾子は、故郷高知県仁淀川のほとりにある夫の生家に身を落ち着ける。農家の嫁として生活に疲れ果てて結核を発病した綾子に、さらに降りかかる最愛の母・喜和と父・岩伍の死。絶望の底で、せめて愛娘に文章を遺そうと思い立った綾子の胸に「書くことの熱い喜び」がほとばしる。作家への遙かな道のりが、いま始まった―。
ISBN-10: 4101293171

櫂 (新潮文庫) 文庫 – 1996/10/30

櫂 (新潮文庫)

櫂 (新潮文庫)

宮尾 登美子 (著)

あらすじ

高知の下町に生れ育った喜和は、十五の歳に渡世人・岩伍に嫁いだ。芸妓紹介業を営み始めた夫は、商売にうちこみ家を顧みない。胸を病む長男と放縦な次男を抱え必死に生きる喜和。やがて岩伍が娘義太夫に生ませた綾子に深い愛をそそぐが…。大正から昭和戦前の高知を舞台に、強さと弱さを併せもつ女の哀切な半生を描き切る。作者自らの生家をモデルに、太宰治賞を受賞した名作。
ISBN-10: 4101293082

寒椿 (新潮文庫) 文庫 – 2002/12/25

寒椿 (新潮文庫)

寒椿 (新潮文庫)

宮尾 登美子 (著)

あらすじ

高知の芸妓子方屋「松崎」で、揃って修業を積んだ澄子、民江、貞子、妙子。姉妹のように睦みあって育った娘たちも、花柳界に身を投じる時を迎える。男と金が相手の鉄火な稼業を、自らの才覚と意地で凌いでゆく四人に、さらに襲いかかる戦争の嵐―。運命の荒波に揉まれ、いつか明暗を分けてゆくそれぞれの人生を、「松崎」の娘・悦子の目から愛惜をこめて描き、生きることへの瑞々しい希望を呼び起こす傑作連作集。
ISBN-10: 4101293163

もう一つの出会い (新潮文庫) 文庫 – 1985/3/27

もう一つの出会い (新潮文庫)

もう一つの出会い (新潮文庫)

宮尾 登美子 (著)

あらすじ

人生をかえた三十八歳ゼロからの出発。波瀾の軌跡から掬い上げた生きるということ愛するということ。宮尾登美子珠玉のずいひつ集装いも新たに、今甦る。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。
ISBN-10: 4101293023

序の舞 (中公文庫) 文庫 – 1985/1/10

序の舞 (中公文庫)

序の舞 (中公文庫)

宮尾 登美子 (著)

あらすじ

第17回(1983年) 吉川英治文学賞受賞
ISBN-10: 4122011841

さいごに

最後までお読み頂きありがとうございました
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、
はてなブックマークツイッターFacebook等でシェアしていただけたら嬉しいです。
この上ない励みになります。

広告を非表示にする