読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯨の書斎

今日も、どこかで読まれている本を紹介しています。

遠い朝の本たち (ちくま文庫) 文庫 – 2001/3/7

本 > 文学・評論 > エッセー・随筆

今日の気になる書籍のご紹介

いま話題の書籍や古書などジャンルを問わず
良いなと思った書籍を幅広く関連書を交えて紹介していきます。

本日、ご紹介する書籍はこちら。

遠い朝の本たち (ちくま文庫) 文庫 – 2001/3/7

遠い朝の本たち (ちくま文庫)

あらすじ

人生が深いよろこびと数々の翳りに満ちたものだということを、まだ知らなかった遠い朝、「私」を魅了した数々の本たち。それは私の肉体の一部となり、精神の羅針盤となった―。一人の少女が大人になっていく過程で出会い、愛しんだ文学作品の数々を、記憶の中のひとをめぐるエピソードや、失われた日本の風景を織り交ぜて描く。病床の著者が最期まで推敲を加えた一冊。

目次

しげちゃんの昇天
父ゆずり
ベッドの中のベストセラー
本のそとの「物語」
サフランの歌』のころ
まがり角の本
葦の中の声
星と地球のあいだで
ひらひらと七月の蝶
シエナの坂道
小さなファデット
父の鴎外
クレールという女
アルキビアデスの笛
ダフォディルきんいろにはためいて…
赤い表紙の小さな本

書籍情報

遠い朝の本たち (ちくま文庫) 文庫 – 2001/3/7

遠い朝の本たち (ちくま文庫)

遠い朝の本たち (ちくま文庫)

須賀 敦子 (著)
文庫: 224ページ
出版社: 筑摩書房 (2001/3/7)
ISBN-10: 4480036288
ISBN-13: 978-4480036285
発売日: 2001/3/7
商品パッケージの寸法: 14.6 x 10.6 x 1 cm

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

関連情報

関連書籍

ヴェネツィアの宿 (文春文庫) 文庫 – 1998/8

ヴェネツィアの宿 (文春文庫)

ヴェネツィアの宿 (文春文庫)

須賀 敦子 (著)

あらすじ

ヴェネツィアフェニーチェ劇場からオペラアリアが聴こえた夜に亡き父を思い出す表題作、フランスに留学した時に同室だったドイツ人の友人と30年ぶりに再会する「カティアが歩いた道」。人生の途上に現われて、また消えていった人々と織りなした様々なエピソードを美しい名文で綴る、どこか懐かしい物語12篇。
ISBN-10: 416757702X

本に読まれて (中公文庫) 文庫 – 2001/11

本に読まれて (中公文庫)

本に読まれて (中公文庫)

須賀 敦子 (著)

あらすじ

言葉がほとんど絵画のような種類の慰めを持ってきてくれる、画家がくれるような休息を書物からもらうことがある―。本をこよなく愛した著者が、最後に遺した読書日記。バロウズ、タブッキ、ブローデルヴェイユ、池沢夏樹など、読む歓びを教えてくれる極上の本とめぐりあえる一冊。
ISBN-10: 4122039266

地図のない道 (新潮文庫) 文庫 – 2002/7

地図のない道 (新潮文庫)

地図のない道 (新潮文庫)

須賀 敦子 (著)

あらすじ

友人が贈ってくれた一冊の本に誘われて、私はヴェネツィアのゲットへ向かった。受難の歴史に思いを馳せ、運河に架けられた小さな橋を渡ると、大阪で過した幼年時代の記憶やミラノで共に生きた若い仲間たちの姿が甦る―。イタリアを愛し、書物を愛した著者が、水の都に深く刻まれた記憶の旅へと読者をいざなう表題作の他、ヴェネツィア娼婦の歴史をめぐる「ザッテレの河岸で」を併録。
ISBN-10: 4101392226

コルシア書店の仲間たち (文春文庫) 文庫 – 1995/11

コルシア書店の仲間たち (文春文庫)

コルシア書店の仲間たち (文春文庫)

須賀 敦子 (著)

あらすじ

1950年代の半ばに大学を卒業し、イタリアへ留学した著者は、詩人のトゥロルド司祭を中心にしたミラノのコルシア書店に仲間として迎え入れられる。理想の共同体を夢みる三十代の友人たち、かいま見た貴族の世界、ユダヤ系一家の物語、友達の恋の落ちつき先など書店の人々をめぐる情景を流麗に描いたエッセイ。
ISBN-10: 4167577011

トリエステの坂道 (新潮文庫) 文庫 – 1998/8/28

トリエステの坂道 (新潮文庫)

トリエステの坂道 (新潮文庫)

須賀 敦子 (著)

あらすじ

あまたの詩人を輩出し、イタリア帰属の夢と引換えに凋落の道を辿った辺境都市、トリエステ。その地に吹く北風が、かつてミラノで共に生きた家族たちの賑やかな記憶を燃え立たせる――。書物を愛し、語り合う楽しみを持つ世の人々に惜しまれて逝った著者が、知の光と歴史の影を愛惜に満ちた文体で綴った作品集。未完長編の魁となったエッセイ(単行本未収録)を併録する。
ISBN-10: 4101392218

塩一トンの読書 (河出文庫) 文庫 – 2014/10/7

須賀 敦子 (著)

あらすじ

「一トンの塩」をともに舐めるうちにかけがえのない友人となった書物たち。当代無比の書評家でもあった須賀の、極上の読書日記。
ISBN-10: 4309413196

さいごに

最後までお読み頂きありがとうございました
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、
はてなブックマークツイッターFacebook等でシェアしていただけたら嬉しいです。
この上ない励みになります。

広告を非表示にする