読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯨の書斎

今日も、どこかで読まれている本を紹介しています。

魂にメスはいらない ユング心理学講義 (講談社+α文庫) 文庫 – 1993/9/7

今日の気になる書籍のご紹介

いま話題の書籍や古書などジャンルを問わず
良いなと思った書籍を幅広く関連書を交えて紹介していきます。

本日、ご紹介する書籍はこちら。

魂にメスはいらない ユング心理学講義 (講談社+α文庫) 文庫 – 1993/9/7

魂にメスはいらない ユング心理学講義 (講談社+α文庫)

あらすじ

必ずプラス・アルファがある河合隼雄の本
心はなぜ病むのか。「生」の根源を考える名講義!

つまずくこともある。病むこともある。自分の内にありながら、どこかとらえどころのない人間の心。“魂の医者”カール・グスタフ・ユングがひもといた人間心理の謎を、日本を代表する“こころの専門家”と“こころの表現者”が、深い独自のまなざしでたどり、見つめなおす。生を掘りさげ、夢を分析し、死を問いなおす2人の言葉のなかに、これまで気づかなかった「自分」が見えてくる、魂の根源に語りかける名講義録。

書籍情報

魂にメスはいらない ユング心理学講義 (講談社+α文庫) 文庫 – 1993/9/7

魂にメスはいらない ユング心理学講義 (講談社+α文庫)

魂にメスはいらない ユング心理学講義 (講談社+α文庫)

文庫: 346ページ
出版社: 講談社 (1993/9/7)
言語: 日本語
ISBN-10: 4062560070
ISBN-13: 978-4062560078
発売日: 1993/9/7
商品パッケージの寸法: 15 x 10.8 x 2 cm

著者について

河合隼雄
1928年兵庫県生まれ。京都大学理学部卒業。臨床心理学者。京都大学名誉教授。国際日本文化研究センター教授。スイスのユング研究所に留学後、日本にユング派心理療法を確立した。著書に、『こころの処方箋』『ウソツキクラブ短信』『こどもはおもしろい』『昔話の深層』『日本人とアイデンティティ』『あなたが子どもだったころ』『明恵(みょうえ) 夢を生きる』『母性社会日本の病理』などがある。
谷川俊太郎
1931年東京生まれ。詩人。『二十億光年の孤独』以来、『落首九十九』『ことばあそびうた』『夜中に台所でぼくはきみに話しかけたかった』『世間知ラズ』などの詩集で現代詩の最先端を拓く。また『スヌーピーのもっと気楽に1〜5』『マザーグースのうた』などの翻訳をはじめ、絵本、童話など、幅広い分野で活躍をつづける。

関連情報

関連書籍

昔話の深層 ユング心理学とグリム童話 (講談社+α文庫) 文庫 – 1994/2/15

昔話の深層 ユング心理学とグリム童話 (講談社+α文庫)

昔話の深層 ユング心理学とグリム童話 (講談社+α文庫)

河合 隼雄 (著)

あらすじ

人間の魂、自分の心の奥には何があるのか。“こころの専門家”の目であのグリム童話を読むと…。生と死が、親と子が、父と母が、男と女が、そしてもう一人の自分が、まったく新しい顔を心の内にのぞかせる。まだまだ未知に満ちた自分の心を知り、いかに自己実現するかをユング心理学でかみくだいた、人生の処方箋。

影の現象学 (講談社学術文庫) 文庫 – 1987/12/10

影の現象学 (講談社学術文庫)

影の現象学 (講談社学術文庫)

河合 隼雄 (著)

あらすじ

影はすべての人間にあり、ときに大きく、ときに小さく濃淡の度合を変化させながら付き従ってくる。それは、「もう1人の私」ともいうべき意識下の自分と見ることができる。影である無意識は、しばしば意識を裏切る。自我の意図する方向とは逆に作用し、自我との厳しい対決をせまる。心の影の自覚は、自分自身にとってのみならず、人間関係の上でもきわめて重要であり、国際交流の激しくなってきた今日においてはますます必要である。

無意識の構造 (中公新書 (481)) 新書 – 1977/9/22

無意識の構造 (中公新書 (481))

無意識の構造 (中公新書 (481))

河合 隼雄 (著)

母性社会日本の病理 (講談社+α文庫) 文庫 – 1997/9/19

母性社会日本の病理 (講談社+α文庫)

母性社会日本の病理 (講談社+α文庫)

河合 隼雄 (著)

あらすじ

心理療法をしていて、最近とみに心理的な少年、心理的な老人がふえてきた、と著者はいう。本書は、対人恐怖症や登校拒否症がなぜ急増しているのか、中年クライシスに直面したときどうすればいいのか等、日本人に起こりがちな心の問題を説きながら、これからの日本人の生き方を探る格好の一冊。「大人の精神」に成熟できない日本人の精神病理がくっきり映しだされる。

河合隼雄自伝: 未来への記憶 (新潮文庫) 文庫 – 2015/5/28

河合隼雄自伝: 未来への記憶 (新潮文庫)

河合隼雄自伝: 未来への記憶 (新潮文庫)

河合 隼雄 (著)

あらすじ

箱庭療法」など日本の臨床心理学の礎を築いた河合隼雄。その独創的で深い学識や人間的魅力はいかに形づくられたのか。丹波篠山の豊かな自然と自由闊達な家族に育まれた幼年時代、悩み多き京大数学科時代、臨床心理学に目覚めて留学した米国、スイス・ユング研究所での格闘の日々……臨床家として人の心を支え続けた著者の「魂の半生記」。『未来への記憶――自伝の試み』改題。

さいごに

最後までお読み頂きありがとうございました
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、
はてなブックマークツイッターFacebook等でシェアしていただけたら嬉しいです。
この上ない励みになります。

広告を非表示にする