読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯨の書斎

今日も、どこかで読まれている本を紹介しています。

東京タワー―オカンとボクと、時々、オトン (新潮文庫)

本 › 文学・評論 › 文芸作品

今日の気になる書籍のご紹介

いま話題の書籍や古書などジャンルを問わず
良いなと思った書籍を幅広く関連書を交えて紹介していきます。

本日、ご紹介する書籍はこちら。

東京タワー―オカンとボクと、時々、オトン (新潮文庫) 文庫 – 2010/6/29

東京タワー―オカンとボクと、時々、オトン (新潮文庫)

あらすじ

オカン。ボクの一番大切な人。ボクのために自分の人生を生きた人―。四歳のときにオトンと別居、筑豊の小さな炭鉱町で、ボクとオカンは一緒に暮らした。やがてボクは上京し、東京でボロボロの日々。還暦を過ぎたオカンは、ひとりガンと闘っていた。「東京でまた一緒に住もうか?」。ボクが一番恐れていたことが、ぐるぐる近づいて来る―。大切な人との記憶、喪失の悲しみを綴った傑作。

書籍情報

東京タワー―オカンとボクと、時々、オトン (新潮文庫) 文庫 – 2010/6/29

東京タワー―オカンとボクと、時々、オトン (新潮文庫)

東京タワー―オカンとボクと、時々、オトン (新潮文庫)

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

リリー・フランキー
1963(昭和38)年福岡県生れ。武蔵野美術大学卒業。イラストレーター、文筆家、絵本作家、フォトグラファー、俳優、作詞・作曲家など、ジャンルを問わず幅広く活動。『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』は著者初めての長篇で、2006(平成18)年本屋大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連情報

東京にもあったんだ

東京にもあったんだ

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2枚組) [DVD]

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2枚組) [DVD]

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2枚組) [DVD]

リリー・フランキーの同名小説を、オダギリ ジョー、樹木希林主演で映画化した、母子の絆を描いた感動作。昭和の筑豊の炭鉱町で育った主人公・ボクが、平成の東京タワーの下で母・オカンを看取るまでを描く。脚本は、『恋の門』の松尾スズキ

関連書籍

ボロボロになった人へ (幻冬舎文庫) 文庫 – 2007/8

ボロボロになった人へ (幻冬舎文庫)

あらすじ

結婚情報誌で紹介された相手は素敵な大麻農家の長男だった。婚期を逃した女性が幸せを掴もうとする姿を描く「大麻農家の花嫁」等、読む者の心を予想不可能な振幅で揺らす六篇の珠玉小説。誠実でありながらも刺激的、そして笑え、最後には沁みていく…。天才リリー・フランキーが、その才能を遺憾なく発揮し、物語の面白さすべてを詰め込んだ。

女子の生きざま (新潮文庫) 文庫 – 2010/11/29

女子の生きざま (新潮文庫)

あらすじ

女子の皆さま!幸せな人生を送るためには、この時期に道を踏み外してはいけません。性格よりもまず外見を磨くべし。「あせり」が女子をダメにする。オッパイがデカイだけで色気は出てこない。女子とオジサンとの密接な関係…ギャグと過激な下ネタ満載で誰も言えなかった真理を突く、リリー先生の大変ありがたき教え。

美女と野球 (河出文庫) 文庫 – 2005/10/5

美女と野球 (河出文庫)

あらすじ

好きなものは美女と野球。のんべんだらりんと、底の浅い濁流のような毎日。タキシードを着て司会をし、双子の姉妹やコントの国の人に会い、レコード会社を作り、オカンとオトンと三人で夜の東京タワーを見て…コク深くて笑いに満ちた、愛と哀しみのエッセイ集。

まとめ

ご紹介させていただいた書籍

東京タワー―オカンとボクと、時々、オトン (新潮文庫)

東京タワー―オカンとボクと、時々、オトン (新潮文庫)

ボロボロになった人へ (幻冬舎文庫)

ボロボロになった人へ (幻冬舎文庫)

女子の生きざま (新潮文庫)

女子の生きざま (新潮文庫)

美女と野球 (河出文庫)

美女と野球 (河出文庫)

さいごに

最後までお読み頂きありがとうございました
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、
はてなブックマークツイッターFacebook等でシェアしていただけたら嬉しいです。
この上ない励みになります。

広告を非表示にする