読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯨の書斎

今日も、どこかで読まれている本を紹介しています。

能力構築競争-日本の自動車産業はなぜ強いのか 中公新書 [新書] [2003] 藤本 隆宏

今日の気になる書籍のご紹介

いま話題の書籍や古書などジャンルを問わず
良いなと思った書籍を幅広く関連書を交えて紹介していきます。

本日、ご紹介する書籍はこちら。

能力構築競争-日本の自動車産業はなぜ強いのか 中公新書 新書 – 2003/6/24

能力構築競争-日本の自動車産業はなぜ強いのか 中公新書

あらすじ

日本の自動車産業は、製品の品質、世界市場でのシェアなど現在も世界トップレベルにある。またカンバン方式TQCなど日本発の生産システムが「グローバルスタンダード」となっている。

これほど国際競争力があるのはなぜなのか。

その強さの秘密に、企業が生産・開発現場で総合的な実力を競いあう「能力構築競争」という観点から迫り、長期不況下にあって自信喪失に陥っている日本企業の再生に向け、明確な指針を提示する。

目次

序章 もの造り現場からの産業論
第1章 自動車産業における競争の本質
第2章 能力構築競争とは何か
第3章 なぜ自動車では強かったのか
第4章 もの造り組織能力の解剖学
第5章 能力構築の軌跡―二十世紀後半の自動車産業
第6章 創発的な能力構築の論理
第7章 紛争―脇役としての貿易摩擦
第8章 協調―競争を補完する提携ネットワーク
第9章 欧米の追い上げと日本の軌道修正
第10章 能力構築競争は続く

書籍情報

能力構築競争-日本の自動車産業はなぜ強いのか 中公新書 新書 – 2003/6/24

能力構築競争-日本の自動車産業はなぜ強いのか 中公新書

能力構築競争-日本の自動車産業はなぜ強いのか 中公新書

藤本 隆宏 (著)
新書: 406ページ
出版社: 中央公論新社 (2003/6/24)
ISBN-10: 4121017005
ISBN-13: 978-4121017000
発売日: 2003/6/24

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

藤本/隆宏
1955年(昭和30年)、東京都に生まれる。東京大学経済学部卒業。三菱総合研究所を経て、ハーバード大学ビジネススクール博士課程修了(Ph.D.)。現在、東京大学大学院経済学研究科教授、ハーバード大学ビジネススクール上級研究員、経済産業研究所ファカルティフェロー。専攻、技術管理論・生産管理論・経営管理論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連情報

関連書籍

ものづくり経営学―製造業を超える生産思想 (光文社新書) 新書 – 2007/3

ものづくり経営学―製造業を超える生産思想 (光文社新書)

ものづくり経営学―製造業を超える生産思想 (光文社新書)

あらすじ

産業の構造変化、国際化に対応するものづくり戦略とはどういうものか?実践・研究の第一人者たちが、ものづくり学の可能性を描き出す。

日本のもの造り哲学 単行本 – 2004/6

日本のもの造り哲学

日本のもの造り哲学

あらすじ

「もの造り現場」から発想する戦略論とは何か、なぜ今の日本に必要なのか、どうしたら展開できるのか。「設計」という概念にこだわり、「組織能力」と「アーキテクチャ」というキーワードを柱に企業の実力を分析する。

現場主義の競争戦略: 次代への日本産業論 (新潮新書) 単行本 – 2013/12/14

あらすじ

本社よ覚醒せよ―敗北主義でも楽観主義でもない、現場主義の目で見れば、日本経済の本当の力が見えてくる。数字だけの経営分析、根拠のない「製造業悲観論」を真に受けてはならない。「現場」は常に忍耐強く、沈黙の臓器のように能力向上を続けているのだ。熾烈なグローバル競争の中で、「何をやりたいか」より「何なら勝てるか」を考え抜く、現場発の日本産業論。

ものづくり成長戦略 「産・金・官・学」の地域連携が日本を変える (光文社新書) 新書 – 2013/8/9

あらすじ

日本全体の視点で見たとき、地域の地道なものづくり改善運動の積み重ねは何を意味するのか。それはいうまでもなく、日本経済の「成長」である。東京大学「ものづくり経営研究センター」の誕生から全国に広がったプロジェクト。群馬県滋賀県野洲市山形県米沢市など地域連携の実際の活動を報告しながら、「現地発、ものづくり長期成長戦略とは何か」を考える。

成長力を採点! 2020年の「勝ち組」自動車メーカー 単行本(ソフトカバー) – 2015/7/25

成長力を採点! 2020年の「勝ち組」自動車メーカー

成長力を採点! 2020年の「勝ち組」自動車メーカー

あらすじ

第一人者のアナリストが、自動車メーカー8社の実力を、6つの視点から徹底分析して採点! 最高益を更新したトヨタの好調は続くのか? 新興国市場の勝者は?
 国内自動車各社の復活劇の背景を追い、長期的な外部環境のロードマップを示した上で、2020年の「勝ち組」を明らかにします。

さいごに

最後までお読み頂きありがとうございました
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、
はてなブックマークツイッターFacebook等でシェアしていただけたら嬉しいです。
この上ない励みになります。

広告を非表示にする