鯨の書斎

今日も、どこかで読まれている本を紹介しています。

夏の闇 (新潮文庫) 文庫 – 1983/5

今日の気になる書籍のご紹介

いま話題の書籍や古書などジャンルを問わず
良いなと思った書籍を幅広く関連書を交えて紹介していきます。

本日、ご紹介する書籍はこちら。

夏の闇 (新潮文庫) 文庫 – 1983/5

夏の闇 (新潮文庫)

あらすじ

“徒労、倦怠、焦躁と殺戮"という暗く抜け道のない現代にあって、精神的混迷に灯を探し求め、絶望の淵にあえぐ現代人の《魂の地獄と救済》を描き、著者自らが第二の処女作とする純文学長編。

ヴェトナム戦争で信ずべき自己を見失った主人公は、ただひたすら眠り、貪欲に食い、繰返し性に溺れる嫌悪の日々をおくる……が、ある朝、女と別れ、ヴェトナムの戦場に回帰する。

書籍情報

夏の闇 (新潮文庫) 文庫 – 1983/5

夏の闇 (新潮文庫)

夏の闇 (新潮文庫)

開高 健 (著)
文庫: 266ページ
出版社: 新潮社; 改版 (1983/05)
ISBN-10: 4101128103
ISBN-13: 978-4101128108
発売日: 1983/05

関連情報

関連書籍

輝ける闇 (新潮文庫) 文庫 – 1982/10/27

輝ける闇 (新潮文庫)

輝ける闇 (新潮文庫)

あらすじ

銃声が止んだ……虫が鳴く、猿が叫ぶ、黄昏のヴェトナムの森。その叫喚のなかで人はひっそり死んでゆく。誰も殺せず、誰も救えず、誰のためでもない、空と土の間を漂うしかない焦燥のリズムが亜熱帯アジアの匂いと響きと色のなかに漂う。孤独・不安・徒労・死――ヴェトナムの戦いを肌で感じた著者が、生の異相を果敢に凝視し、戦争の絶望とみにくさをえぐり出した書下ろし長編。

ベトナム戦記 (朝日文庫) 文庫 – 1990/10

ベトナム戦記 (朝日文庫)

ベトナム戦記 (朝日文庫)

あらすじ

この本は1964年末から65年初頭にかけて、開高健サイゴンから「週刊朝日」に毎週送稿したルポルタージュを、帰国した開高自身が大急ぎでまとめて緊急出版したものである。

風に訊け (集英社文庫) 文庫 – 1986/6

風に訊け (集英社文庫)

風に訊け (集英社文庫)

あらすじ

一気に読まないで下さい。ききすぎるクスリと同じです。1回に2つか3つ読むのが適量です…。読者から寄せられた難問、奇問、珍問に人生の達人・開高健が該博な知識を駆使して自在に答えた書。

パニック・裸の王様 (新潮文庫) 文庫 – 1960/6/28

パニック・裸の王様 (新潮文庫)

パニック・裸の王様 (新潮文庫)

あらすじ

とつじょ大繁殖して野に街にあふれでたネズミの大群がまき起す大恐慌を描く「パニック」。打算と偽善と虚栄に満ちた社会でほとんど圧殺されかかっている幼い生命の救出を描く芥川賞受賞作「裸の王様」。ほかに「巨人と玩具」「流亡記」。工業社会において人間の自律性をすべて咬み砕きつつ進む巨大なメカニズムが内蔵する物理的エネルギーのものすごさを、恐れと驚嘆と感動とで語る。

知的な痴的な教養講座 (集英社文庫) 文庫 – 1992/5

知的な痴的な教養講座 (集英社文庫)

知的な痴的な教養講座 (集英社文庫)

あらすじ

「一本のワインには二人の女が入っている。一人は栓をあけたばかりの処女、もう一人は、それが熟女になった姿である」―。酒、食、色、人、エトセトラ。恐怖の博覧強記作家・開高健が知性と痴性をブレンド、男の世界の森羅万象を語り尽くす教養エッセイ50章。1ページに一度はニヤリと笑い、ウーンと唸ります。

さいごに

最後までお読み頂きありがとうございました
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、
はてなブックマークツイッターFacebook等でシェアしていただけたら嬉しいです。
この上ない励みになります。

広告を非表示にする