読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯨の書斎

今日も、どこかで読まれている本を紹介しています。

ゆるしのレッスン―もう、すべてを手放せる (サンマーク文庫)

本 > 人文・思想

今日の気になる書籍のご紹介

いま話題の書籍や古書などジャンルを問わず
良いなと思った書籍を幅広く関連書を交えて紹介していきます。

本日、ご紹介する書籍はこちら。

ゆるしのレッスン―もう、すべてを手放せる (サンマーク文庫) 文庫 – 2007/2

ゆるしのレッスン―もう、すべてを手放せる (サンマーク文庫)

あらすじ

「ゆるすということ」の姉妹編。

日々苦闘している人、内心もっといい生き方があるはずだと思っている人、エゴを引っ込めて神にゆだねる生き方を探している人のために。

他人をゆるし自分をゆるす―それが神への近道。

書籍情報

ゆるしのレッスン―もう、すべてを手放せる (サンマーク文庫) 文庫 – 2007/2

ゆるしのレッスン―もう、すべてを手放せる (サンマーク文庫)

ゆるしのレッスン―もう、すべてを手放せる (サンマーク文庫)

ジェラルド・G. ジャンポルスキー (著), Gerald G. Jampolsky (原著), & 1 その他
文庫: 173ページ
出版社: サンマーク出版 (2007/02)
ISBN-10: 4763184296
ISBN-13: 978-4763184290
発売日: 2007/02

関連情報

関連書籍

ゆるすということ―もう、過去にはとらわれない (サンマーク文庫) 文庫 – 2006/6

ゆるすということ―もう、過去にはとらわれない (サンマーク文庫)

ゆるすということ―もう、過去にはとらわれない (サンマーク文庫)

あらすじ

『私が最も学びたいのは、「ゆるし」です。この本は、まさにそのために書きました。私自身のために書いたといっていいかもしれません。本書を書くことで、裁く気持ちが苦しみをもたらすことを思い出し、ゆるすことで自由になりたいと思ったのです。ゆるすとはどういうことか、身にしみてわかる瞬間があります。そんなとき、ゆるしは自由と幸せと希望をもたらすものだと実感します。』(本文より)

愛とは、怖れを手ばなすこと (サンマーク文庫 E- 45) 文庫 – 2008/6/16

愛とは、怖れを手ばなすこと (サンマーク文庫 E- 45)

愛とは、怖れを手ばなすこと (サンマーク文庫 E- 45)

あらすじ

怖れの正体は救いを求める声であり、言いかえれば、愛を求める声です。「与え、愛する人生」への入門書。

ゆだねるということ (上) (サンマーク文庫) 文庫 – 2007/10/18

ゆだねるということ (上) (サンマーク文庫)

ゆだねるということ (上) (サンマーク文庫)

あらすじ

すべてを宇宙にゆだねたとき奇跡は起こる。シンクロディスティニ理論編。

ゆだねるということ (下) (サンマーク文庫) 文庫 – 2007/10/18

宇宙と一体となり、奇跡を作り出す瞑想法。シンクロディスティニ理論編。

怖れを手放す アティテューディナル・ヒーリング入門ワークショップ 単行本 – 2008/12/4

あらすじ

心のやすらぎは意外なところにあります。心の平和を手に入れるためにアティテューディナル・ヒーリングでもいかがですか。怖れを作り出すのは、過去や未来から聴こえてくる雑音です。まずは「聴く」ことに集中してみましょう。私たちは相手の話だけを聴いているわけではありません。必ず同時に自分の考えを聴いています。過去のデータベースも未来も手放して、今この瞬間の音を聴く。

さいごに

最後までお読み頂きありがとうございました
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、
はてなブックマークツイッターFacebook等でシェアしていただけたら嬉しいです。
この上ない励みになります。

広告を非表示にする