読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯨の書斎

今日も、どこかで読まれている本を紹介しています。

超思考 (幻冬舎文庫) [文庫] [2013] 北野 武

本 > 文学・評論 > エッセー・随筆

今日の気になる書籍のご紹介

話題の書籍や古書などジャンルを問わず
良いなと思った書籍を幅広く関連書を交えて紹介して行きます。

本日の、書籍はこちら。

超思考 (幻冬舎文庫)

超思考 (幻冬舎文庫) 文庫 – 2013/8/1

超思考 (幻冬舎文庫)

超思考 (幻冬舎文庫)

あらすじ

人の世を生き抜く最低限の力をつけろ。

バラ色の夢を語っても意味はない。

思考停止した全国民に捧ぐ、現代を読み解く新視点。

書籍情報

北野 武 (著)
文庫: 239ページ
出版社: 幻冬舎 (2013/8/1)
言語: 日本語
ISBN-10: 4344420721
ISBN-13: 978-4344420724
発売日: 2013/8/1

目次

日本総国民思考停止
医は仁術か、商売か
死刑の是非。生死の価値
そのハンバーガーは旨いか?
暗闇の老後をどう走り抜けるか
夢を売るバカ、探すバカ
芸術は麻薬だ
理想の国はあるのか
どっちにしろ幸せだ
唯一無二の価値はないか
人知の及ぶ範囲
飢える贅沢
本音という作り話
右向け、左
師弟関係
俺の絵は売らない
爆発前夜
目に見えないこと
くそジジイとくそババア

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

北野/武
1947年東京都生まれ。漫才コンビ「ツービート」で一世を風靡した後、ソロとしてテレビ、ラジオの出演のほか、映画や出版の世界でも国民的人気を得る。また映画監督としても、97年「HANA‐BI」がベネチア国際映画祭金獅子賞を受賞するなど、世界的な評価を得ている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連情報

関連書籍

全思考 (幻冬舎文庫) 文庫 – 2009/4

全思考 (幻冬舎文庫)

全思考 (幻冬舎文庫)

地球温暖化も、携帯電話による人類総奴隷化も、すべての危機は、気づいたときには手遅れだ。道具の発明で便利になれば、その分だけ人間の能力は退化する。人類は叡智を結集して、破滅しようとしているのか!?生死、教育、人間関係、作法、映画―五つの角度から稀代の天才・北野武現代社会の腐蝕を斬る。世界の真理に迫る傑作エッセイ。

下世話の作法 (祥伝社黄金文庫) 文庫 – 2011/9/1

下世話の作法 (祥伝社黄金文庫)

下世話の作法 (祥伝社黄金文庫)

この本は私の『聖書』である。下品な俺だから分かる「粋」で「品」のいい生き方とは。よーく読んで、今こそ日本人の原点に戻りなさい。

孤独 (ソフトバンク文庫) 文庫 – 2008/5/16

孤独 (ソフトバンク文庫)

孤独 (ソフトバンク文庫)

出生の秘密、少年時代の憧れ、青春の街新宿、浅草下積み時代、酒と暴力と女たち、家族への思い、そして人生でただ一度宗教を信じた瞬間とは?―団塊世代のど真ん中、下町の悪ガキたけし少年の成長はそのまま、昭和ニッポンの“青春時代”と重なって絶頂へと上り詰めて行く。時代の反逆児としての覚悟や哲学、プライベートでの伝説の数々について、驚くほど率直に語られた自叙伝第2弾。ズシンとくる北野武、55年目の述懐。

間抜けの構造 (新潮新書) 単行本 – 2012/10/17

間抜けの構造 (新潮新書)

間抜けの構造 (新潮新書)

見渡せば世の中、間抜けな奴ばかり。どいつもこいつも、間が悪いったらありゃしない。“間”というものは厄介で、その正体は見えにくいし、コントロールするのも難しい。けれど、それを制した奴だけが、それぞれの世界で成功することができるんだよ―。芸人、映画監督として、これまでずっと“間”について考え格闘してきたビートたけしが、貴重な芸談に破天荒な人生論を交えて語る、この世で一番大事な“間”の話。

悪口の技術 (新潮文庫) 文庫 – 2005/1/28

悪口の技術 (新潮文庫)

悪口の技術 (新潮文庫)

アメリカ、中国、北朝鮮。銀行、役人、上司に女房、おまけに息子…。全部向こうが言いたい放題。沈黙は金、じゃない。正しい「罵詈雑言」教えます―。“毒舌の第一人者”が贈る、強力な一冊。会社で、家庭で、また外交でも、どう逆襲すればいいのかを分りやすく解説。売り言葉に買い言葉、きれいに言い返す術、こっそり伝授いたします。これで文句言われっぱなしの方も安心。

さいごに

最後までお読みいただきありがとうございました。
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、はてなブックマークツイッターFacebook等でシェアしていただけたら嬉しいです。この上無いはげみになります。

広告を非表示にする